Axiory(アキシオリー)の入金方法、入金手数料、入金できない場合の対処方法

Axiory 入金

ここではAxiory(アキシオリー)の入金方法、入金手数料、入金できない場合の対処方法を詳しく紹介して行きます。

AxioryはBitwalletとの契約がなくなってしまいましたが、代わりに導入したCurfexという決済サービスは非常に素晴らしく手数料も非常に安いです。

Axioryが新しく導入したCurfexの手数料や反映時間についても詳しく紹介して行きます。

Axioryの出金方法は別ページで紹介します。

Axiory(アキシオリー)の出金方法、出金手数料と出金拒否の対処方法
Axiory(アキシオリー)の出金方法を分かりやすく紹介します。 Axioryの出金方法、出金にかかる手数料、おすすめ方法、出金トラブルや出金拒否、クレジットカード、国内銀行、ビットウォレット、ビットコイン出金など、各出金方法について図解付きで紹介します。

アキシオリーの登録はコチラ

 

Axiory(アキシオリー)に入金ボーナスは付かない

Axioryは入金ボーナスも含めて「ボーナスが付かない」海外FX業者で、Axioryはボーナスがない代わりにスプレッドが狭く設定されています。

入金ボーナスが欲しい人はXMやFBSなどを利用しましょう。

 

Axiory(アキシオリー)の入金方法おすすめ

入金の種類 特徴
1位 Curfex 入金手数料は銀行側の振込み手数料のみ
2位 クレジットカード 入金、出金ともに手数料がかからないが、エラーで入金できないことが多い
3位 STICPAY 内容、手数料ともにBitwalletとほぼ同じ
4位 bitpay ビットコインで送金できる。ビットコインから円やドルに変更する時に少し目減りする
5位 銀行振込 銀行の営業時間内でないと手続きが進まない、出金の手数料が高い

Axioryの入金方法で一番のおすすめは最近導入したCurfexです。

Curfexは送金サービスの一つで「日本の金融庁許可」を取っています。

過去のネッテラー(NETELLER)などは金融庁許可を取っていなかったため、日本から撤退することになってしまいました。

Bitwalletも金融庁の許可を取得していないので、撤退の可能性が心配されています。

資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)」に基づき資金移動業者の登録が必要

しかしCurfexは金融庁許可を既に取得しているため、今後も心配なく利用することができるサービスです。

しかも手数料はAxioryが負担してくれ、銀行からの振込手数料のみで送金できます。

 

Axiory(アキシオリー)の入金手数料

入金の種類 入金手数料 その他入金に関わる費用 出金手数料
1位 クレジットカード 無料(2万円未満1500円) なし 無料
2位 Curfex 無料(2万円未満1500円) 銀行からの振込手数料はかかる 送金額の1%
3位 STICPAY 無料(2万円未満1500円) STICPAYへの入金手数料カード3.85%、振込1% 0.3ドル+2.5%
4位 bitpay 無料(2万円未満1500円) bitpayからの振込手数料数百円(変動制) bitpayからの手数料400円~500円
5位 銀行振込 無料(2万円未満1500円) 振込手数料5000円前後 リフティングチャージ・受取手数料5,000円ほど

Axioryへの入金手数料はクレジットカードが無料なので一番おすすめです。

しかし、クレジットカードはエラーで入金できないことが多いため、Curfexが一番良いかと思われます。

手数料は「銀行からの振込手数料のみ」となるため、負担は大きくありません。

出金のことも考えると「Curfex一択」で考えれば良いでしょう。

ただし50万円を超える出金になると銀行送金の手数料が割安になってきます。

ビットコインは常に変動しているため、何とも言いにくいですが、比較的割安です。

Axioryとbitpayへの入出金は無料ですが、bitpayへの入金や出金では手数料がかかることが多いです。

 

Axiory(アキシオリー)の入金に反映される時間

入金の種類 反映時間
1位 クレジットカード リアルタイム
2位 STICPAY リアルタイム
3位 bitpay 15分以内
4位 Curfex 1時間~24時間
5位 銀行振込 3~10営業日

Axioryへの入金スピードはクレジットカードが一番早く、即時(リアルタイム)に入金されます。

STICPAYもクレジットカードとほとんど変わらないスピードで入金可能です。

Curfexは入金に反映されるのが少し遅く、早くて1時間ほど時間がかかります。

 

Axiory(アキシオリー)の入金 最低入金額(いくらから)

入金の種類 最低入金額
Curfex 2万円(2万円未満は手数料1500円)
クレジットカード 2万円(2万円未満は手数料1500円)
STICPAY 2万円(2万円未満は手数料1500円)
bitpay 2万円(2万円未満は手数料1500円)
銀行振込 2万円(2万円未満は手数料1500円)

Axioryの最低入金額は全ての方法で2万円となっています。

2万円未満でも入金することは可能ですが、入金手数料1500円がかかります。

 

Axiory(アキシオリー)の入金 営業時間と土日

入金の種類 営業時間
1位 クレジットカード 24時間OK
2位 STICPAY 24時間OK(銀行からSTICPAYへの入金は平日15時まで)
3位 bitpay 24時間OK
4位 Curfex 平日9時~18時
5位 銀行振込 平日9時~15時まで

Axioryへの夜間や土日の入金だとクレジットカードSTICPAY、bitpayがおすすめです。

Curfexは平日の18時まででしたら当日中の入金が可能です。(ただしCurfexへの入金は銀行の営業時間内)

急な入金のことを考えるとSTICPAYかbitpayあたりに登録しておいた方が良いかもしれません。

 

Axiory(アキシオリー)の入金 クレジットカード(デビットカード)

入金方法 Axioryの受取手数料 振込側の手数料
クレジットカード 無料(2万円未満は手数料1500円) 無料

Axioryのクレジットカード入金は「入金エラー」を起こすことが多く、ほとんどのカードで入金できません。

海外FX業者はクレジットカード出金が「入金のキャンセル」として取り扱われるため、クレジット会社としては海外FX業者と取引したがらず、入金エラーとなることが非常に多いです。

「入金できればラッキー!」くらいの気持ちでやってみると良いでしょう。

2ch(5ch)情報を元に「入金できないカード」と「入金できる可能性のあるカード」をまとめたので参考にしてください。

【入金できないカード】

  • マスターカード系クレジット
  • アメリカンエキスプレスカード系(アメックス)
  • 楽天カード(デビット含む)
  • Viewカード(JCB)
  • UFJカード
  • 住信SBIカード
  • ソニー銀行カード

マスターカードやアメックスカードは入金エラー(入金拒否)となってしまいます。

VISAカード系でも入金できないカードがほとんどです。

【入金できる可能性のあるカード】

  • ジャパンネット銀行VISAデビット
  • セブン銀行のデビットカード
  • エポスカードVISA
  • スルガ銀行デビットカード
  • JCBデビットカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • VISAバンドルカード
  • VISAバウチャー(Voucher)カード
  • auWALLETクレジットカード(auウォレット)
  • Vプリカ

「入金できる可能性のあるカード」を見るとクレジットカードではなく「デビットカード」や「プリペイドカード」が多いのが分かります。

Axioryへの入金はデビットカードやプリペイドカードを使うのがおすすめです。

 

Axiory(アキシオリー)の入金 Curfex

入金方法 Axioryの受取手数料 Curfexの手数料 Curfexへの入金手数料
クレジットカード 無料(2万円未満は手数料1500円) 無料 銀行側の振込手数料

CurfexはBitwalletの代わりの入出金方法としてAxioryが採用した決済サービスです。

入金手数料は無料で、出金もAxioryからCurfexは無料、Curfexから銀行への手数料1%と非常に安く、今後のAxioryへのメインの入出金方法になりそうです。

Curfexへの入金は「平日9時~18時」となり、夜間の入金はできないので注意が必要です。

Bitwalletのように「Curfexのウォレットにお金を貯めておくこと」はできません。

Curfexは日本の金融庁許可を取得しているため、ネッテラー(NETELLER)のように撤退する心配がないので安心できます。

Curfex | Home
Currency transfer service

 

Axiory(アキシオリー)の入金 STICPAY

入金方法 Axioryの受取手数料 STICPAYの手数料 STICPAYへの入金手数料
STICPAY 無料(2万円未満は手数料1500円) 無料 クレジットカード3.85%、振込1%

STICPAYはBitwalletと同じような決済サービスで手数料も安くおすすめです。

しかし、Bitwalletの方が有名でSTICPAYは日本では使っている人が少ない印象です。

(公式サイトが海外っぽいデザインなのも理由の一つだと思います)

Curfexを導入したのでAxioryへの入金はCurfexになりそうですが、夜間や休日での入金もOKで、クレジットカードを使っての入金もSTICPAYなら可能です。

STICPAYもぜひ登録しておくと良いでしょう。

The global e-wallet, STICPAY
Send and Receive money easily and securely anywhere

 

Axiory(アキシオリー)の入金 bitpay

入金方法 Axioryの受取手数料 bitpayの手数料 bitpayへの入金手数料
bitpay 無料(2万円未満は手数料1500円) 数百円(ただしビットコインから円やドルに変更される時に目減りする) 400円~500円

bitpayへの入金は、ビットコイン(BTC)の金額が常に変動しているため、はっきりした金額が言えません。

「金額の多さによって手数料も変動する」ため、「数百円です」としか言えないのが現状です。

BTCから円やドルに自動変換される時に、少し金額が減ってしまいます。(円やドルからBTCに変換される時も少し目減りします)

目減りするパーセントは約3~4%ほどです。

仮想通貨投資を行なっている人にはおすすめで、BTC以外にもBCH(ビットコインキャッシュ)にも対応しています。

BitPay – Secure Bitcoin Wallet

BitPay – Secure Bitcoin Wallet

BitPay, Inc.無料posted withアプリーチ

 

Axiory(アキシオリー)の入金 銀行

入金方法 振込口座名義 Axioryの受取手数料 振込側の手数料
DOHA BANK AXIORY GLOBAL LTD. 無料(2万円未満は手数料1500円) 5000円前後

Axioryは国内銀行送金がなく「海外銀行送金」となり、手数料が非常に高くおすすめできない方法です。

しかも着金まで3~10日かかるため、「まず使うことがない入金方法」となります。

 

Axiory(アキシオリー)の入金ができない場合

入金できないトラブルは基本的に「クレジットカードの入金エラー」が多いと思われます。

クレジットカードの入金エラーは「そのカードでの入金を諦めるしかない」ため、他のカードやデビットカード、プリペイドカードで複数試してみましょう。

入金できない場合は「入金元」に問い合わせるのが一般的ですが、入金元が「送金は完了しています」との回答の場合はAxioryに問い合わせしましょう。

jpsupport(at)axiory.com

 

Axiory(アキシオリー)の入金まとめ

入金の種類 特徴
1位 Curfex 入金手数料は銀行側の振込み手数料のみ
2位 クレジットカード 入金、出金ともに手数料がかからないが、エラーで入金できないことが多い
3位 STICPAY 内容、手数料ともにBitwalletとほぼ同じ
4位 bitpay ビットコインで送金できる。ビットコインから円やドルに変更する時に少し目減りする
5位 銀行振込 銀行の営業時間内でないと手続きが進まない、出金の手数料が高い

Axioryへの入金方法を紹介して来ましたが、Curfexを導入したためCurfexを使うことが多くなりました。

一時期はBitwalletが使えなくなり、Axioryの運営危機が騒がれましたが特に問題なく乗り切ったようです。

(Bitwalletとの取引停止時はAxioryの騒ぎになっていたので、私の資金は全て出金し、私から登録したトレーダーもほとんどの人が出金していました)

Bitwalletよりも安全性の高いCurfexを導入したため、より良くなりました。

クレジットカードで入金したい人はSTICPAYを使うのをおすすめします。

アキシオリーの登録はコチラ

 
【Axiory関連記事】

コメント