Axioryのロスカットと証拠金維持率・マージンコール

「Axioryのロスカット水準は何%?」

「ロスカットの計算方法を知りたい」

「ロスカットを防ぐ対策を教えて欲しい」

このページではAxioryのロスカットについて紹介して行きます。

ロスカットの計算方法やロスカットを防ぐ対策についても解説して行きますので参考にしてください。

このページで分かること
  • Axioryのロスカット水準が分かる
  • ロスカットの計算方法が分かる
  • ロスカットされるのを防ぐ方法が分かる

Axioryの登録はコチラ

 

\独自ボーナス&EAプレゼント/

Axioryのロスカット水準(証拠金維持率)とマージンコール

ロスカット水準マージンコール
Axiory20%50%

Axioryでは、証拠金維持率が50%になると、マージンコール(警告)が発動されます。マージンコールは単なる警告のみで、資金が危機的状況にあることを知らせてくれます。

証拠金維持率が20%になった段階で、ロスカットが施行されます。ロスカットされると、その時点の保有ポジションが全て強制的に決済されます。

強制ロスカットとは
トレード時に損失が出た際、口座残高がある金額まで減ってしまうと、それ以上の損失が出るのを防ぐために強制的に行われる決済のことを指します。
このシステムのおかげで、世の中のFXトレーダーは莫大な損失から守られているので、他の海外FX業者や国内FX業者にも当たり前のように定められています。
ロスカット水準とは
損失が増えて、口座残高が○○円までに減ったら強制ロスカットが行われるライン(水準)のことを言い、「証拠金維持率」とも言います。

 

Axioryのロスカットを他業者と比べてみた

AxioryXMLAND-FXTradeview
ロスカット水準20%20%30%100%

Axioryのロスカット水準は、他の海外FX業者の中では平均的で、20%~30%のロスカット水準の業者が多いです。

国内FXと比べるとロスカットされにくいので「もうすぐ反転しそう!」というタイミングでロスカットされずに持ちこたえてくれることもあります。

ただ、ロスカット水準が低いとロスカットされた時に残る資金が少なくなるので、注意しましょう。

 

Axioryロスカットの計算方法

ロスカットの計算は非常に複雑なので、ここでは「何pips負けられるのか?」の許容損失を解説します。

2万円の証拠金で、5万通貨のドル円を取引する場合
5万通貨÷400倍×100円(1ドル)=12500円(必要証拠金)
12500円×ロスカット20%=2500円(許容損失)
証拠金20000円-2500円=17500円
17500円÷5万通貨×100円=35.0pips(許容損失のpips)

この例では、損失が35pips(17,500円)を超えると、ロスカットされます。

証拠金3万円で、10万通貨のドル円を取引する場合
10万通貨÷400倍×100円(1ドル)=25000円(必要証拠金)
25000円×ロスカット20%=5000円(許容損失)
証拠金30000円-5000円=25000円
25000円÷10万通貨×100円=25.0pips(許容損失のpips)

この例では、損失が25pips(25,000円)を超えると、ロスカットされます。

ただし、上のような計算は難しいので、FX証拠金シミュレーターというサイトの計算システムを利用すると、簡単に値を出すことができます。

 

Axioryのロスカットを防ぐ方法

Axioryロスカットを防ぐためにできることをご紹介します。

ロスカットされると「損失確定」となってしまうので、できる避けるように工夫しましょう。

資金を多くしてレバレッジを低くする

資金が少なくてレバレッジが高い状態でトレードをすると、証拠金維持率が下がりやすくなってしまいます。

その状態では、ちょっとした含み損にも耐えづらくなり、強制ロスカットに遭う可能性が高くなります。

それを防ぐために、資金に余裕を持って実質レバレッジを低くしてトレードするようにしましょう。

 
取引ロット数を少なくする

取引ロット数を少なくすると、値動きに対する損益の差が小さくなるので、損失拡大を防ぐことができます。

取引ロット数を半分にすると損失もおよそ半分になります。損失を抑えるために、ロット数を工夫して調整しましょう。

 
損切ルールを決めておく

エントリーする前に、明確な損切ラインを設けて、そのルールを厳守しましょう。それを徹底すれば、滅多にロスカットに遭うことはありません。

ロスカットされるほとんどの原因は、損切ルールを破ってしまい、その後レートが大きく逆行することです。

エントリーの際に逆指値注文を同時に行うなど、資金管理を徹底して行い、ロスカットを防ぎましょう。

 
逆ポジションの両建てをする

レートが逆行して損失が出た時に、自分の保有するポジションとは逆にエントリーすると、それ以上の損失を抑えることができます。

当初買いでエントリーして、その後レートが下がり続けている場合は、途中で売りで注文を入れると、その売り注文は含み益を抱えることになります。

そのため、損益がそれ以上動かなくなります。

このように両建てをして、損失拡大を回避する方法があるので、覚えておきましょう。

 

Axioryのロスカットまとめ

今回は、「Axioryのロスカット」についてご紹介しました。

ロスカットの強制的に決済される仕組みは、トレーダーの大きな損失を防ぎリスクを抑えるための役割を持っています。

  • 資金を追加してレバレッジを低くする
  • 取引ロット数を少なくする
  • 損切ルールを決めておく
  • 逆ポジションの両建てをする

これらの手段をうまく組み合わせて、ロスカットされないトレードを心がけましょう。

Axioryの登録はコチラ

 
【Axiory・ロスカット関連記事】