海外FXのボーナスは税金・確定申告の対象になるのか?

海外fx ボーナス 税金 確定申告

「海外FXのボーナスは税金や確定申告の対象になるの?」

「出金できるボーナスはどうなるの?」

「海外FXのボーナスを使って税金対策はできないの?」

このような海外FXのボーナスが税金や確定申告の対象になるか知りたい人向けに、対象になるかどうかの事例や、出金できるボーナスについて解説して行きます。

また、ボーナスを使って税金対策、節税ができないか検証して行きます。

関連:海外FXの100%入金ボーナスと口座開設ボーナスとキャンペーン

 

海外FXのボーナスは税金・確定申告の対象に基本的にはならない

口座開設ボーナス入金ボーナス
税金や確定申告対象にならない対象にならない

海外FXのボーナスは、基本的には「出金することができない」ため、税金や確定申告になりません。

クレジットカードのポイントと同じで、現金化できないものには税金がかからない仕組みになっています。

ですので口座開設ボーナスや入金ボーナスに税金がかかることはありません。

 
海外FXで税金になるタイミングは「利益確定」・「損失確定」

利益・損失確定時入金・出金時
税金のタイミング×

ここで一つ覚えておいて欲しいのが、海外FXで税金がかかるタイミングは「利益確定」と「損失確定」時です。

入金や出金のタイミングではないので、注意してください。

確定申告の白色申告であれば、細かいことは言われないので大丈夫かもしれませんが、青色申告からはトレードごとに仕訳が必要になります。

「でも税務署の人も、そこまで詳しく見ないでしょ?」と思っている人も多いと思いますが、FXをやっている人はたくさんいるので、トレード記録までチェックされます。

(私は毎年、税理士にトレード記録も提出させられています)

税理士と契約している人は、トレード記録まで提出させられるので、「利益確定」・「損失確定」のタイミングは間違いありません。

白色申告の人でも、税務署が入れば「アウト」になる可能性だけ覚えておきましょう。

 

[海外FXのボーナスと税金・確定申告] 口座開設ボーナス

口座開設ボーナスボーナスの取引で利益を上げた分
税金や確定申告対象にならない対象になる

XMやGmeForexなどの海外FX口座開設ボーナスは、出金できないので税金や確定申告の対象になりません。

もし口座開設ボーナスを使ったトレードで利益を上げることができれば、その利益分は税金の対象になります。

(例)口座開設ボーナス3000円を使って1万円の利益を上げた場合

口座開設ボーナス3000円(税金対象外)・利益1万円(税金の対象となる)

 

[海外FXのボーナスと税金・確定申告] 入金ボーナス

入金ボーナスボーナスの取引で利益を上げた分
税金や確定申告対象にならない対象になる

海外FXの入金ボーナスもボーナス自体は税金の対象となりませんが、ボーナスを使って得た利益は税金の対象となります。

(例)入金ボーナス1万円を使って1万円の利益を上げた場合

入金ボーナス1万円(税金対象外)・利益1万円(税金の対象となる)

 
損失が出て残高が0円になり、入金ボーナスだけが残った場合

入金ボーナスの場合、損失が出た時は入金した資金(残高)が先に使われて、ボーナス(クレジット)は後で使われる仕組みです。

もし残高は0円になってしまいましたが、クレジットだけ残った場合は、税金的には損失したことになります。

(例)入金を1万円してボーナス1万円を得る → 損失1万円が出て資金が0円になった場合

(残高)1万円 – 1万円 = 0円・(クレジット)1万円が残ったまま

このように、入金した資金がなくなってもボーナスだけ残っている場合、税金上は「1万円の損失」としながらも、ボーナス1万円は残ったままになります。

ボーナスが残っていれば再度トレードができるので、税金上はメリットが出て来ます。

ボーナス自体は出金できませんが、「利益を出す原資」としてはりっぱな役目を果たすことができます。

 

[海外FXのボーナスと税金・確定申告] 出金できるボーナスはどうか?

入金ボーナスボーナスの取引で利益を上げた分
税金や確定申告対象になる対象になる

海外FXには、一部、出金できるボーナスが存在します。

出金できるボーナスは「税金の対象」となってしまいます。

この税金のタイミングは税理士の見解も分かれると思いますが、「出金できることが確定したタイミング」で税金がかかると思われます。

LAND-FXのLive口座のように「獲得した時点で出金できる」ボーナスは、もらったタイミングで税金の対象になります。

FBSの入金ボーナスのような「もらった後に条件を満たしたら出金できる」ボーナスは、出金できる条件を満たしたら税金の対象となります。

(ここまで税務署がはっきり把握している訳ではないので、出金しなければ問題ないと思われますが・・・)

関連:海外FXボーナスの出金

 

[海外FXのボーナスと税金・確定申告] 税金対策

海外FXのボーナスを使った税金対策を紹介します。

税金対策と言うと「合法の元で税金を減らす対策」となるので、あまり大きなメリットになるものはありませんが。

 
XMでXMポイントを貯める

XMのスタンダード口座とマイクロ口座はトレードごとに「1ロット3.3ドル~6.6分のボーナスに交換できる」XMポイント(XMP)というものがあります。

XMポイント自体には税金がかかりませんし、ボーナスに交換しても税金はかかりません。

XMで少しずつトレードするか、EAなどを使ってXMポイントを貯めれば、税金のかからないポイントがたくさん貯まります。

それを使ってハイレバトレードなどをして、利益を上げるのはおすすめのトレード手法です。

このやり方で大きく稼いでいる人はたくさんいます。

ただ、得た利益は「税金の対象」となるので注意しましょう。

関連:XMポイントでポイント還元 – 使い方と換金方法

 
Hotforexのロイヤリティ・プログラム

リワードレベル昇格条件Hotforexバー
レッド初期から1ロット6本
シルバーアクティブ取引31日以上1ロット8本
ゴールドアクティブ取引62日以上1ロット10本
プラチナアクティブ取引105日以上1ロット12本
Hotforexバーの本数交換できる特典
35本以上35本=1ドル(1000本から交換可能)
150本AUTOCHARTIST購読1ヶ月
1100本シルバーVPSパッケージ1ヶ月無料(50ドル分)
2500本HotForexマーケットアナリストとの1時間プライベートセッション
3100本シルバーVPSパッケージ3ヶ月無料(150ドル分)

HotforexにもXMと同じようなロイヤリティ・プログラムがあります。

XMのように、ポイントを一度ボーナスに交換する必要はなく、Hotforexバーを35本貯めれば1ドルと交換することができます。

これはMT4の年間取引報告書には記載されてこないので、ボーナスを上手く使ってトレードをし、Hotforexバーを貯めるのは見つかりにくい方法です。

また、お金に換えるよりもVPSの無料コースなどに申し込む方が税務署に目を付けられる必要がないため安心です。

関連:Hotforexのボーナス – 100%入金ボーナス、キャッシュバックと出金

 
その他、税金対策

その他、ボーナスに関わらず海外FXで税金対策になる方法です。

  • お金にではなく物に代える(HotforexのVPS、XMのVPSサービスなど)
  • スプレッドや取引手数料は損失計算に入れて良い
  • 出金手数料や受取手数料なども損失として計上する
  • パソコンやスマホの購入費は按分(プライベートと仕事の割合)で経費にする
  • 家賃、電気代、ネット通信費も按分で経費にする
  • 入金をクレジットカードにしてポイントを貯める
  • FXに関わることはすべて経費として計上する
  • 外食は全て経費にする(1人:作業、2人以上:打ち合わせ)
  • 複数人で外食に行きつつレシートは自分だけでもらう
  • 金券を買って○%×$☆♭#▲!※
  • 使わない金券やポイントを買取屋で○%×$☆♭#▲!※

こんな感じでやってみてください。

税理士によって見解が異なるので、「攻めてる税理士」だといろいろ教えてくれます。

「保守的な税理士」の場合は、報告する内容も考えながらやる必要がありますね。

 

海外FXのボーナスと税金・確定申告まとめ

海外FXのボーナスが税金・確定申告の対象になるか?について紹介して来ました。

海外FXのボーナス自体が最大の税金対策なので、ボーナスを使ってトレード利益を上げて行きましょう。

ボーナス自体は出金できないものが多いですが、XMでXMポイントを貯めたり、HotforexでHotforexバーを貯めたりなど、いろいろやれることはあります。

あまりマジメに税金を払っていると「払い損」となるので、しっかりと経費のことを考えて対策して行きましょう。

 
【関連記事】