海外FX比較ナビ 無料EA一覧

海外FX比較ナビが開発した無料EA一覧を紹介します。

当サイトのLINE友達になった方限定で、EAを無料で配布致します。

ぜひEAを使って自動的に利益を獲得して行きましょう。

EAは検証を重ねながら開発した高性能ですが、実際にMT4でバックテストを行ってから利用してください。

EA名勝率トータル利益年間平均利益年間平均利率
1位 NZDUSDスキャルパー67.52%17019.97ドル1,134.6%66.7%
2位 USDCHFスキャルパー70.65%8968.53ドル597.9%35.1%
3位 オーセンティック81.12%2635.9ドル263.6%15.5%

 

おすすめのEA攻略方法

海外FX比較ナビのEAは複雑なロジックを使った高性能EAのため、特定の条件でのみエントリーをし、保有ポジションは基本的に1つとなります。

EAを1つ選択して使っても問題ありませんが、トレード回数が少なくなりがちですので、複数EA運用をおすすめしています。

1つのMT4に複数EAを入れると「あまり良くない」と言われていますが、海外FX比較ナビのEAはエントリー・決済の回数も多くないので問題ありません。

私は1つのMT4に付きEAを3つほど入れて稼働させています。

心配な人は1つのMT4に対して1EAで運用しても良いと思います。

 

NZDUSDスキャルパー

NZDUSDスキャルパーのEA成績

収益17019.97ドル収益率(全期間)1,134.6%
推奨証拠金150,000円(0.1ロットあたり)勝率67.52%
プロフィットファクター1.24最大保有ポジション1
リスクリターン率14.06最大ドローダウン11.06%(1210.23)
平均利益20.09ドル最大利益94.89ドル
平均損失-33.56ドル最大損失-89.00ドル
口座残高18,519.97ドル初期額1,500ドル

※スプレッド1.0pips、スリッページありの場合

スキャルピング型EA NZDUSDスキャルパーは前作の「USDCHFスキャルパー」と比べて、1回の爆発力は小さくなりつつも取引頻度を高めたEAです。

前作よりも、平均取引回数が約1.5倍になり、トータル利益も約2倍と大きくなっています。

ロング・ショート両方にエントリーしますが、ロングは最大T/Pが104pipsを狙い、ショートでは最大T/Pを82pipsに設定されています。

損切設定はS/Lをロングは85pips、ショートは85pipsに設定し、リスクを最大限に抑えています。

17年間のバックテスト結果だけでなく、1年ごとのバックテストも非常に安定して利益を上げています。

 
17年間で1,134.6%の好成績

NZDUSDスキャルパーは2003年から2020年の17年間のバックテストで非常に好成績を上げ、1,134.6%の収益を上げています。

1年間の平均利益率は66.7%となります。

2009年前後のリーマンショック時も2020年のコロナショックも資金をほとんど減らすことなく好成績を上げています。

NZDUSDスキャルパーは大きな利益を狙いつつも、「コツコツドカン」にならないよう、複合ロジックで素早く決済します。

 
1年ごとのバックテスト結果

年間利益プロフィットファクター
2020年(6月まで)631.62ドル1.37
2019年-23.52ドル0.98
2018年121.64ドル1.07
2017年-112.14ドル0.95
2016年303.79ドル1.07
2015年92.84ドル1.02
2014年441.17ドル1.15
2013年917.84ドル1.22
2012年885.64ドル1.27
2011年1,435.33ドル1.23
2010年1,531.11ドル1.30
2009年1,755.75ドル1.23
2008年1,779.57ドル1.21
2007年1,231.58ドル1.22
2006年651.40ドル1.20
2005年2,184.81ドル2.03
2004年2,276.63ドル1.59
2003年(8月から)1,128.05ドル2.52

NZDUSDスキャルパーの1年ごとのバックテスト結果ですが、17年間で2回マイナスの年がありますが、それ以外は非常に好成績を誇っています。

年間利益100%を超える年が5回もあり、年間利益50%以上の年が10回もあります。

NZDUSDスキャルパーはスキャルピングタイプにも関わらず「コツコツドカン」がない複合ロジックを採用しているため、他のEAよりも安定した成績で運用して行きます。

 
複数回連勝することが多い

NZDUSDスキャルパーは連勝が多いEAで、過去最大16回の連勝記録があり、平均的に5回前後の連勝が多いです。

連敗もありますが連勝と比べて少なく、最大の連敗記録はわずか4回に留まります。

初期費用15万円を推奨していますが、15万円の金額の中で十分に補える範囲で利益を出してくれます。

16連勝のスクリーンショット

16連勝のスクリーンショットの一部ですが、NZDUSDスキャルパーは短い時間で20~30pipsの利益を上げるのに向いています。

上手くトレンドにはまれば60pipsの利益を上げることもあります。

 
大きな利益で80pipsほど

大きなトレンドをとらえれば、1回のトレードで80pips前後の利益を上げることもあります。

スキャルピングタイプですが、小さい利益で利確するのではなく、トレンドをとらえて数日間ポジション保有するように設定されています。

NZDUSDスキャルパーは当サイト開発のEAの中でも非常に優秀なので、ぜひインストールしておきましょう。

スキャルピング型EA NZDUSDスキャルパーの詳細を見る
NZDUSDスキャルパーをダウンロードする

 

USDCHFスキャルパー

USDCHFスキャルパーのEA成績

収益8968.53ドル収益率(全期間)597.9%
推奨証拠金150,000円(0.1ロットあたり)勝率70.65%
プロフィットファクター1.21最大保有ポジション1
リスクリターン率11.39最大ドローダウン13.63%(786.76)
平均利益16.66ドル最大利益230.64ドル
平均損失-33.12ドル最大損失-135.77ドル
口座残高10,468.53ドル初期額1,500ドル

※スプレッド1.0pips、スリッページありの場合

スキャルピング型EA USDCHFスキャルパーはスキャルピングタイプでありながら大きな利益を狙う特徴があります。

ロング・ショート両方にエントリーしますが、ロングは最大T/Pが206pipsを狙い、ショートでは最大T/Pを103pipsに設定されています。

損切設定はS/Lをロングは90pips、ショートは40pipsに設定し、リスクを最大限に抑えています。

17年間のバックテスト結果だけでなく、1年ごとのバックテストも非常に安定して利益を上げています。

 
17年間で597.9%の好成績

USDCHFスキャルパーは2003年から2020年の17年間のバックテストで非常に好成績を上げ、597.9%の収益を上げています。

1年間の平均利益率は35.1%となります。

2009年前後のリーマンショック時も2020年のコロナショックも資金をほとんど減らすことなく好成績を上げています。

USDCHFスキャルパーは大きな利益を狙いつつも、「コツコツドカン」にならないよう、複合ロジックで素早く決済します。

 
1年ごとのバックテスト結果

年間利益プロフィットファクター
2020年(5月まで)528.31ドル2.14
2019年98.82ドル1.31
2018年442.34ドル1.73
2017年555.39ドル1.69
2016年663.91ドル1.66
2015年2085.7ドル1.83
2014年-101.08ドル0.85
2013年393.17ドル1.27
2012年32.76ドル1.02
2011年524.99ドル1.13
2010年381.84ドル1.11
2009年1477.79ドル1.33
2008年1187.69ドル1.18
2007年-29.09ドル0.98
2006年182.17ドル1.07
2005年526.99ドル1.18
2004年-66.10ドル0.99
2003年(6月から)511.82ドル1.19

USDCHFスキャルパーの1年ごとのバックテスト結果ですが、17年間で3回マイナスの年がありますが、それ以外は非常に好成績を誇っています。

2015年は2085ドルの好成績となり、1500ドル(約15万円)で運用した場合、年利139%を記録しています。

スキャルピングタイプにも関わらず「コツコツドカン」がない複合ロジックを採用しているため、他のEAよりも安定した成績で運用して行きます。

 
一発の利益が狙いやすい

USDCHFスキャルパーは最大T/Pを206pipsに設定しているため、かなり大きな利益が狙えるEAです。

通常では20pips~30pipsほどで利確することが多いですが、急落・急騰場面では一発の利益を狙えるロジックになっています。

 
2009年リーマンショック時

2009年のリーマンショック時でもわずかの時間で181.5pips(179.37ドル)の利益獲得に成功しています。

こういった急な場面で利益を狙えるのはEAならではの特徴です。

 
2015年スイスフランショック時

2015年のスイスフランショックの時も、最大設定値206pipsに近い、205.4pips(230.64ドル)の利益確定に成功しています。

これは0.1ロットでの運用になるため、もし1ロットで運用していれば、わずか1日で23万円の利益獲得に成功できる計算です。

USDCHFスキャルパーは通常にスキャルピングに加えて、利益を大きく狙えるロジックになるため、一発の爆発力が非常に強いEAとなります。

 
通常時でも50pips以上の利益を確保できる

通常時でも50pips以上の利益が狙えるロジックになっており、まだまだ利益を狙えると判断した場合、1~2日間ポジションを保有することがあります。

このように通常時でも100pips以上の利益が出る場面もあり、利益の追求を目指したEAとなります。

スキャルピング型EA USDCHFスキャルパーの詳細を見る
USDCHFスキャルパーをダウンロードする

 

オーセンティック

オーセンティックのEA成績

収益2635.9ドル収益率(全期間)263.6%
推奨証拠金100,000円(0.1ロットあたり)勝率81.12%
プロフィットファクター1.67最大保有ポジション1
リスクリターン率15.33最大ドローダウン8.77%(171.94)
平均利益7.01ドル最大利益21.30ドル
平均損失-18.07ドル最大損失-54.86ドル
口座残高3635.9ドル初期額1,000ドル

トレンドフォロー型EA「オーセンティック」は独自なロジックで勢いのあるトレンドに乗り「押し目」や「戻り売り」でエントリーします。

トレーリングストップ機能によりストップロスのリスクを抑えながら期待利益に向かっていきます。

逆にエントリー当初の勢いが弱まってきていると判断した場合は、素早くクローズします。

損失を最小限に抑えながら確実に利益を確保して行く信頼性の高いEAです。

最大保有ポジション数は1でSL52pipsに設定してあるので、最悪の場合も損失が限定的です。

エントリー回数は頻繁ではありませんが、コツコツ稼ぎドカンのリスクを抑えた正統派トレンドフォロー型EAです。

 
17年間で263.6%の成績

オーセンティックは2003年から2020年の17年間のバックテストで好成績を上げ、263.6%の収益を上げています。

1年間の平均利益率は15.5%となります。

2009年前後のリーマンショック時も2020年のコロナショックも資金をほとんど減らすことなく好成績を上げています。

オーセンティックは利益を最大化することよりも「着実性」に目を付け、リスクを最大限に減らした手堅い手法を取っています。

 
1年ごとのバックテスト結果

年間利益プロフィットファクター
2020年(6月まで)-94.76ドル0.64
2019年-18.59ドル0.88
2018年58.86ドル1.24
2017年52.11ドル1.14
2016年84.73ドル1.27
2015年174.04ドル1.49
2014年83.43ドル1.40
2013年150.61ドル1.81
2012年144.77ドル1.77
2011年234.43ドル2.07
2010年200.98ドル2.85
2009年212.03ドル2.25
2008年101.35ドル1.43
2007年47.85ドル1.27
2006年218.39ドル1.66
2005年281.38ドル1.91
2004年287.5ドル2.23
2003年(5月から)220.29ドル2.04

オーセンティックは比較的安定した利益を上げていますが、2020年が大きく損失がある状態です。

今の相場状況だと、負ける可能性もあるかもしれません。

他のEAと組み合わせながら、損失をカバーして取引する方が良いかもしれませんね。

 
トレーリングストップ機能

オーセンティックはトレーリングストップ機能を持っているので、値上がりすると自動的にストップロスも上がって行きます。

トレーリングストップがないと、一時的に値上がりしても最終的に損切りになることもありますが、トレーリングストップ機能によって利益を確保しやすい仕組みになっています。

オーセンティックは派手なトレードはありませんが、補助的に入れておくのをおすすめします。

トレンドフォロー型EA オーセンティックの詳細を見る
オーセンティックをダウンロードする

 

海外FXのEA取得方法

海外FX比較ナビのEAを使用するには、当サイトのLINE公式アカウントに友達追加をしてください。

LINE公式アカウントでは海外FX業者のボーナス&キャンペーン情報や、当サイトの特別ボーナスの情報を配信しています。

コチラから今すぐ登録!
友だち追加
↑↑↑ ボタンをクリック ↑↑↑

 
指定された海外FX業者で口座開設、または追加口座

LINE公式アカウントに登録したら、EAの設定マニュアルをお送りしますので、マニュアルに沿って口座開設または追加口座を行いましょう。

NZDUSDスキャルパー対象の海外FX業者は以下の7業者です。

NZDUSDスキャルパー対象の海外FX業者
XMAxioryTradeviewHotforex
FBSGemForexTitanFX

EAの種類によっては薄利でのトレードになるので、スプレッドの広いXMやGemForexは推奨していないこともあります。

できればAxioryやTradeview、TitanFXなどのスプレッドが狭い、ストップレベルの設定がない業者で取引しましょう。

Hotforexの場合ゼロスプレッド口座、FBSではECN口座を使うようにし、通常のボーナス口座は使わないようにしてください。

 

まとめ

海外FX比較ナビのEAについて紹介して来ましたが、当サイトのEAは無料で使うことができるのでおすすめです。

当サイトで口座開設または追加口座が必要になりますが、EAの設定が分からない場合などは、LINEもしくはメールにてサポート致します。

1つのEAで運用しても良いですが、ぜひ複数EAをインストールして、リスクを抑えながら運用して行くと良いでしょう。

Twitterなどで複数EAでの運用結果をつぶやいていきたいと思いますので、定期的にチェックしてみてください。

コチラから今すぐ登録!
友だち追加
↑↑↑ ボタンをクリック ↑↑↑

コメント