FXDDの口座開設 – 口座開設手順と時間

fxdd 口座開設

「FXDDの口座開設方法を知りたい」

「FXDDの口座開設にかかる時間を教えて」

「必要書類は何を提出すれば良いの?」

このようなFXDDの口座開設について知りたい人向けに、FXDDの口座開設手順や時間、必要書類について紹介して行きます。

画像付きで分かりやすく紹介して行きます。

FXDDの公式ホームページ

参考:FXDD口座開設(口座タイプ)

 

FXDD 口座開設の時間

FXDDの口座開設は入力に5分ほどかかります。

 

FXDD 口座開設手順

FXDDの口座開設手順を画像付きで紹介して行きます。

入力項目は分かりやすいように解説も付けて行こうと思います。

FXDDトップページ

FXDD公式サイトも右上にある「ライブ口座を開設」をクリックします。

 
個人か法人かデモか

個人の人は「個人口座」を選択します。

デモ口座は練習用のお金を使わないトレード口座となります。

 
個人情報を入力

  • 名(ローマ字入力):(例)Taro
  • 姓(ローマ字入力):(例)Yamada
  • 居住国:Japan
  • Eメール:(例)aaa@gmail.com
  • 口座種類:JPY(日本円)
  • 取引プラットフォーム:Premiumがおすすめ

まずは基本的な個人情報を入力します。

FXDDはスタンダード口座よりもスプレッドの狭いプレミアム口座の方がおすすめです。

取引プラットフォームはMT4を使う人が多く、EAやカスタムインジケーターの種類がたくさんあります。

動作的にはMT5の方が早いので、特にこだわりがなければMT5で良いと思います。

 
住所や電話番号など

  • 氏:Mr.(男性)、Miss(未婚女性)、Mrs.(既婚女性)
  • 番地、アパート名等:市区町村以下を書く(例)Akasaka1-1-1-301(マンション名は無しでも可)
  • 市:(例)Minato-ku
  • 電話番号:(例)8012345678(最初の0を省く)
  • 郵便番号:(例)107-0052

住所や電話番号を入力して行きます。

電話番号は090などの最初の0を省いて入力します。

住所は、英語があまり得意でない人は郵便番号を入力すると、自動的に住所が英語で出てくるサイトがあるので参考にしてください。

住所ローマ字変換サイト

 
身分証明や生年月日

  • 国籍:Japan
  • 身分証明書の種類:運転免許証やマイナンバーカードなど
  • 身分証明書の番号:運転免許書の番号やマイナンバー番号など
  • 生年月日:日/月/年の順番で書く
  • BirthCity:生まれた町(例)Tokyo
  • BirthCountry:生まれた国(Japan)
身分証明書

  • A(1点だけでOK):運転免許証、マイナンバーカード、公的機関発行の写真付き証明書(住基カード、外国人登録証など)
  • B(2点必要):パスポート、健康保険証、住民票など公的機関発行の明細など(3ヶ月以内発行)

FXDDの身分証明書は、運転免許証やマイナンバーカードなどは1点の提出で良いですが、パスポートや健康保険証だと住所確認書類の提出も必要になります。

2点提出するのは面倒なので、運転免許証やマイナンバーカードを提出するようにしましょう。

住所確認書類は「公共料金の請求書や領収書」「クレジットカードや銀行の利用明細書」「固定電話や携帯電話の請求書や領収書」などでもOKです。

 
学歴や職業

  • 最終学歴:中学、高校、大学、大学院
  • 雇用状況:在職(会社員、パート、アルバイト)、自営業、無職、退職、その他
  • 勤務先名:(例)AAA-Company
  • 業種:適当なものを選択
  • 肩書き:適当なものや、一番近いものを選択
  • 資金源:(例)貯畜
  • 証券会社、銀行や金融機関で働いた経験:いいえ
  • 商品取引所の関係者、NFAまたはCFTCに登録されている法人関係者、監督機関の職員や関係者:いいえ

勤務先名を正しく書くと、株式会社は「Ltd.」や「Inc.」となります。

業種や肩書きは適したものがなければ、一番近いものを選択しましょう。

最後の2つの質問は両方とも「いいえ」で答えましょう。

「はい」にすると口座開設できない可能性があります。

 
年収と資産

  • 推定年収:(例)250万円以下
  • 純資産:(例)500万円以下

自分の年収や資産を選択します。

どれを選択しても口座開設できるので、正直に答えてOKです。

 
トレード頻度

  • トレードする頻度:(例)週刊

トレード頻度もどれを選択してもOKです。

 
内容を確認

これまで入力した内容を確認してチェックボックスにチェックを入れて「保存して継続」をクリックします。

 

同意書3箇所にチェックを入れます。

 

  • 政治的な職業についていますか:いいえ
  • 必要事項は全て記入され~:同意する
  • 取引資金は第三者から集めた資金~:同意する

3つの質問を答えたら、すべての入力が完了です。

 
口座開設完了 → 身分証明書の提出へ

これで口座開設は完了です。

「身分証明書の提出はこちら」をクリックしましょう。

ログイン情報が登録したメールに来ています。

 

ログイン画面になり「メールアドレス」と「パスワード」が必要になります。

パスワードはFXDDからメールが来ているのでチェックしましょう。

 
メールを確認

メールアドレスをチェックすると、「FXDD Portal access credentials」というメールがFXDDから来ています。

メールの下の方に「ポータルパスワード」が書いてあるので、これをコピペしてログインしましょう。

 
パスワードの設定とセキュリティー質問

先ほどのは仮パスワードなので、新しいパスワードを設定しましょう。

あとセキュリティーのための質問も答えましょう。

忘れそうなので、メモしておくのをおすすめします。

 
身分証明書のアップロード

身分証明書提出の画面になるので「ファイル参照」をクリックして、身分証明書の写真をアップロードしましょう。

身分証明書

  • A(1点だけでOK):運転免許証、マイナンバーカード、公的機関発行の写真付き証明書(住基カード、外国人登録証など)
  • B(2点必要):パスポート、健康保険証、住民票など公的機関発行の明細など(3ヶ月以内発行)
     ※住所確認書類は「公共料金の請求書や領収書」「クレジットカードや銀行の利用明細書」「固定電話や携帯電話の請求書や領収書」などでもOK

これでFXDDの口座開設はすべて完了です。

FXDDから口座開設の承認を受けるまで、しばらく待ちましょう。

口座が有効化されるまで入金もできませんし、MT4のログイン情報もないのでトレードすることができません。

私の場合は、口座が有効化されるまで1営業日以上待ちました。

(日曜日の夜に口座開設申請を行い、連絡が来たのは火曜日の朝8時半頃でした)

 
FXDDからのメール

FXDDから「口座開設が完了しました/FXDD Account Approval Notice for 〇〇〇(氏名)」というメールが届きます。

MT4のログインID、パスワード、サーバー名が載っていますので、メールを消さないようにしましょう。

 
ログイン後の画面

FXDDから口座が有効化されると、ログイン後の画面がこのようになります。

入金してMT4をダウンロードしてFXDDのトレードを始めて行きましょう。

 

FXDDの口座開設まとめ

FXDDの口座開設の手順や時間、必要書類について紹介して来ました。

画像付きで紹介して来たので、分かりやすかったと思います。

FXDDの口座開設方法が分からない時は参考にしてください。

FXDDの公式ホームページ

参考:FXDD口座開設(口座タイプ)

 
【FXDD関連記事】