iFOREXの出金拒否 – 出金トラブルの理由と禁止事項

iforex 出金拒否

「iFOREXって出金拒否はあるの?」

「出金拒否にならないように注意点や禁止事項を知りたい」

このようなiFOREXの出金拒否について知りたい人向けに、iFOREXの出金拒否が実際にあるのか調査してみました。

また、出金拒否と間違えてしまう出金の注意点や、禁止事項についても紹介して行きます。

iFOREXは出金拒否が多そうなイメージでしたが、意外な結果となりました。

iFOREXの登録はコチラ

 

iFOREX出金拒否・出金トラブルの口コミやウワサ

iFOREXが出金拒否をする業者なのか?2chとTwitterで調査してみました。

 
2chのiFOREX出金拒否について

海外FXではアイフォが信頼度一番!
出金拒否なんて聞いたこともスクショ見たこともない

is6ではよく凍結や出金拒否でツイートみたけど、アイフォでなんか聞いた来ない。

XMは出金拒否疑惑あるけど、アイフォはその手の話は一切ないからな

スレだけでなく、ツイッターとかでもここは出金拒否とか見たことないな
海外業者で使うならこことxmかな

まんぼう含め何人か億の出金してんじゃん
アイフォは昔はともかく、今はえげつない出金拒否はしてないはず
GEMやis6は知らんけどね

iFOREX出金拒否 【追証なし】iFOREX★162【アイフォ】

2chのスレをたくさん見ましたが、意外にもiFOREXの出金拒否の情報は全く見当たりませんでした。

(実際は出金拒否がけっこうあると思っていたので、出金拒否の報告0件には驚きました)

iFOREXの2chはけっこう盛り上がっているので、出金拒否の1件、2件はあると思っていましたが、iFOREXは出金拒否がないようです。

 
TwitterのiFOREX出金拒否について

iFOREXからの出金拒否についてのツイートはこの1件だけでした。

意味深なので、ちょっとリプを送ってみました。

まだ返事が頂けていないので、返って来たら掲載したいと思います。

 

iFOREX出金拒否・出金トラブルにならないためのルールや注意点

iFOREXでは出金方法のルールがあり、ルールを守らないと出金トラブルになる可能性があります。

トラブルになりがちな出金ルールを紹介して行きますので、出金拒否やトラブルにならないように注意しましょう。

 
出金までに書類提出が必要

iFOREXでは「本人確認書類」や「居住地証明書」の提出がなくても口座開設や入金することができます。

しかし、出金までに手続きが必要となるので、出金の時に書類が提出できていないと出金することができません。

  • 身分証明書
  • 居住地証明書
  • クレジットカード(両面コピー)※クレジットカード入金した時のみ

 
【身分証明書】
身分証明書として提出できる書類は、以下5種類です。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 障害者手帳
  • 住基カード
  • 在留カード

この中から1点を提出しましょう。

 
【居住地証明書】
居住地証明書として提出できる書類は、以下の通りです。

  • 公共料金の支払い明細
  • クレジットカードや銀行の取引明細
  • 携帯電話のご利用明細

この中から「発行してから半年以内」の書類を1点、提出しましょう。

これらの必要書類は、コピーか画像を、iFOREXのマイアカウントページからアップロードしましょう。

スマホからでもPCからでもアップロード可能です。

 
【クレジットカード】

もしクレジットカード入金をした場合は、クレジットカードの写真をアップロードする必要があります。

写真は表と裏の両方必要ですが、カード番号とCVVを隠さないと行けません。

  • 表面:最初の12桁を隠す
  • 裏面:CVV番号(署名右側にある3桁の数字)

このクレジットカード写真がないとiFOREXでクレジットカード出金ができませんので注意しましょう。

 
入金と同じ方法で出金

iFOREXの出金は入金と同じ方法で出金しなければ行けないルールがあり、マネーロンダリング防止法で決められています。

「クレジットカードで入金したらクレジットカード出金」、「Bitwalletで入金したらBitwallet出金」となりますので覚えておきましょう。

 
クレジットカード出金は入金額と同じ額まで

クレジットカード出金はクレジットカード入金の「キャンセルとして」出金処理されます。

入金額よりも大きな額を出金することができないため、利益分の出金は海外銀行送金で出金することになります。

海外銀行送金は手数料が高くなるので、ある程度大きくまとまって出金するようにしましょう。

 
海外からの受取りができない銀行

iFOREXから出金する場合に、海外からの受取ができない銀行がいくつか存在します。

以下の銀行は出金することができませんので注意しましょう。

  • 新生銀行
  • みずほ銀行のネット支店
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行

iFOREXに入金する前に、事前に「海外送金に対応しているか」確認しておきましょう。

海外からの資金を受け入れているかどうかは「SWIFTコードがあるか?」で判断することができます。

もしSWIFTコードのない銀行からiFOREXに入金してしまった場合は、iFOREXの日本語サポートに連絡を取り、別の銀行への出金を許可してもらいましょう。

 
iFOREXに登録した住所と出金先に登録した住所が違う

iFOREXに登録した住所と出金先(銀行やクレジットカード、Bitwalletなど)に登録した住所が違う場合、エラーになり出金できないことがあります。

住所登録の段階で間違えないように注意してください。

iFOREXに口座開設した後に途中で引越しした場合は、iFOREXの登録情報も変更するようにしましょう。

 

[iFOREX出金拒否]iFOREXの禁止事項

 
iFOREX 許可されない取引

  • スキャルピング:1日に10から数百に及ぶ取引
  • オートメーション(例えばEAS)またはアルゴリズミック取引:プログラムされた取引指示を実行するアルゴリズムで取引注文
  • API取引:他のプログラムと相互作用するソフトウェアプログラムを使用したすべての取引
  • 複数口座:iFOREXから複数の口座関連のメリットを不当に享受する

iFOREX 取引条件

iFOREXではスキャルピングやEAでの取引などは禁止されているので、上の4つの取引はしないように注意しましょう。

スキャルピングやEAは他の海外FX業者では認められていることが多いので、iFOREXでやってしまわないように気を付けましょう。

 
別業者を使った両建ても禁止

また、ここには載っていませんが、「別業者との両建て」も禁止されています。

iFOREXは口座は1つしかありませんが、別業者を使って「ボーナスを使った両建て」や「ゼロカット狙いの両建て」で利益を上げるのは禁止されています。

 

これらの禁止行為を行なうとiFOREXで出金拒否される可能性があるので十分に注意しましょう。

iFOREXで定期的に出金を行うことで、出金トラブルを防ぐこともできます。

「出金拒否を防ぐ」というよりも、「万が一出金トラブルに遭った時に、被害を最小限に抑える」ことができます。

iFOREXでは出金のために「わざわざ書類にサインをして提出する」必要があるので面倒だとは思いますが、できるだけこまめに出金しましょう。

Bitwalletなら出金の手数料も安く、出金スピードも早いのでおすすめです。

 

iFOREX出金拒否まとめ

iFOREXの出金拒否があるのか?出金拒否や出金トラブルにならないように注意点や禁止事項を紹介して来ました。

2chを見てiFOREXは出金拒否をするような悪質な業者でないことが分かります。

ただ、出金ルールを間違えて「出金拒否された!」と勘違いするケースや、禁止事項を行なってiFOREXから出金拒否される可能性はあります。

iFOREXのルールや禁止事項をしっかり把握してトレードするようにしましょう。

iFOREXの登録はコチラ

 
【iFOREX関連記事】