海外FXのレバレッジ最大 – ハイレバレッジのおすすめと危険性

海外FX レバレッジ

「国内FXのレバレッジ25倍では物足りない」

「少ない資金でトレードしたいから海外FXをやってみたい」

「もっと大きな利益を狙ってレバレッジを大きくしたい」

こんな要望を持つ国内FXトレーダーも多いと思います。

国内FXはレバレッジ25倍の制限がありますが、海外FXは制限が無いため非常に高いレバレッジ取引を出来るのがメリットです。

「ハイレバレッジ = 危険」というイメージもありますが、同じ証拠金で取引した場合は、レバレッジが高い方がロスカットしにくくなります。

必要証拠金ギリギリで取引すると「ハイレバ = 危険」と言っても問題ありませんが、証拠金は余裕を持つことでハイレバレッジの特徴を活かすことができます。

ここではレバレッジの高い海外FX業者を比較して行きます。

スタンダード,マイクロセント口座ECN口座Trade100Bonus
3000倍1000倍500倍100倍
オールインワン口座ノースプレッド口座
1000倍1000倍
マイクロ口座プレミアム口座ゼロスプレッド口座HFコピー口座
1000倍500倍500倍400倍
スタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座
888倍888倍500倍
スタンダード口座ブレード口座
500倍500倍
LPボーナス口座Live口座ECN口座
500倍500倍200倍
MT4スタンダードcTrader口座Currenex口座ILC口座,MT5口座
500倍400倍400倍200倍
スタンダード口座ナノスプレッド口座
400倍400倍
エリート口座
400倍
このページで分かること
  • 業者ごと各口座の最大レバレッジが分かる
  • レバレッジ規制の条件を知ることができる
  • レバレッジ計算の方法が分かる
  • CFD銘柄のレバレッジが分かる

 

\独自ボーナス&EAプレゼント/

海外FXのレバレッジおすすめ 最大レバレッジ3000倍

海外FX業者でレバレッジが高い3社を紹介して行きます。

少ない資金で最大限のトレードをしたい人は、この3業者の中から選びましょう。

3業者ともゼロカットを採用しているので、最悪の場合でも、入金した資金が消えるだけで済み、借金することはないので安心してください。

 
FBS レバレッジ3000倍

スタンダード,マイクロセント口座ECN口座Trade100Bonus
3000倍1000倍500倍100倍

海外FXで一番レバレッジが高いのはFBSで3000倍を誇ります。

FBSはあまり有名ではありませんが、近年、日本へのサービスを強化している業者です。

口座開設をすると100ドルがもらえる「Trade 100 bonus口座」があります。

XMを超えるレバレッジ率・ボーナスを誇る海外FX業者です。

FBS公式ホームページを見る

 
GemForex レバレッジ1000倍

オールインワン口座ノースプレッド口座
1000倍1000倍

GemForexはFBSの次にレバレッジが高い1000倍の海外FX業者です。

ロスカット水準も20%と低めに設定されているため、ロスカットされにくいです。

口座開設ボーナスや入金ボーナスも豊富なので、ハイレバレッジとボーナスを活かしたトレードがおすすめです。

GemForexの公式ホームページ

 
Hotforex レバレッジ1000倍

マイクロ口座プレミアム口座ゼロスプレッド口座HFコピー口座
1000倍500倍500倍400倍

GemForexと並んでレバレッジが高いのはHotforex(ホットフォレックス)で1000倍です。

Hotforexはロスカット率が10%でGemForexよりも低いのが特徴です。

入金ボーナスは最大500万円で、ボーナス累計額No.1を誇る海外FX業者です。

Hotforexの公式ホームページを見る

 
XM レバレッジ888倍

スタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座
888倍888倍500倍

日本で人気のXMは888倍のレバレッジ率です。

XMはレバレッジの高さ・ボーナスの豊富さ・低資金から始められる、などのバランスの良さがメリットです。

「海外FX初心者はXMから」と言われるように、初心者はXMがおすすめです。

XMの公式ホームページを見る

 

海外FX業者のレバレッジ比較

海外FXの最大レバレッジを比較して行きます。

海外FX業者の中でも口座種類によってレバレッジが違うので、口座名も書いておきます。

参考に「ドル円110円の時の1ロット10万通貨に必要な証拠金」についても書いておきます。

海外FX業者口座種類レバレッジ比率ロスカット水準必要証拠金
スタンダード,マイクロ,ゼロスプレッド3000倍20%3,666円
オールインワン口座1000倍20%11,000円
マイクロ口座1000倍10%11,000円
マイクロ,スタンダード888倍20%12,387円
スタンダード,ブレード500倍20%22,000円
LPボーナス,LIVE500倍30%22,000円
スタンダード口座500倍100%22,000円
エリート口座400倍0%27,500円
スタンダード,ナノスプレッド400倍20%27,500円

海外FXでレバレッジが高い業者はFBS、GemForex、Hotforexがおすすめ上位ですが、他の海外FX業者は400倍~500倍が平均的です。

レバレッジが高いと、必要になる証拠金が少なくて済み、資金が少なくても大きな金額を動かすことができます。

海外FX業者はロスカット水準も低いので、ロスカットされにくいのもメリットになります。

少ない証拠金でトレードしたい場合はFBSやHotforexあたりを使うと良いでしょう。

 

海外FXのレバレッジとは? レバレッジが高いメリットとデメリット

「海外FXはハイレバレッジだから危険」という言葉をよく聞きます。

もちろん、少ない資金でいっぱいいっぱいの証拠金をつぎ込めば、すぐにロスカットになってしまいます。

ただ、レバレッジが高いということは「同じ資金で考えるとリスクを減らすこと」ができます。

レバレッジが高いメリット

  • 少ない証拠金でトレードすることができる
  • レバレッジが高い方がロスカットされにくくなる
レバレッジが高いデメリット

  • 証拠金ギリギリでトレードすると、ロスカットされやすくなる

ちなみに海外FXでは「ゼロカット」があるため追証の必要がなく、マイナス残高になっても海外FX業者がマイナスを補填してくれます。

急な暴落での追証の心配をする必要はありません。

それを考えると、レバレッジが高い海外FX業者の方がリスクは少ないと思います。

 
レバレッジごとの証拠金と負けpipsを検証

レバレッジが高いとトレードで有利になるのか?

実際に海外FX 証拠金計算機海外FX ロスカット計算機を使って「必要証拠金」と「負けられるpips数」を見て行きましょう。

レバレッジ検証の条件

ドル円110円、証拠金10万円、ロスカット水準20%、1万通貨(0.1ロット)

この条件でレバレッジ1000倍、100倍、25倍を比較して行きます。

 
レバレッジ1000倍


レバレッジ必要証拠金ロスカットレート負け許容pips
1000倍1,100円100.022円997.8pips

レバレッジ1000倍の場合は、1万通貨のトレードをするためには1100円の証拠金で済みます。

もし10万円入金した場合は、110円のレートが100.022円までが許容値で997.8pipsも余裕があります。

十分過ぎるほどの余裕がありますね。

 
レバレッジ100倍


レバレッジ必要証拠金ロスカットレート負け許容pips
100倍11,000円100.22円978pips

レバレッジ100倍になると必要証拠金が11,000円必要となり、レバレッジ1000倍の10倍必要になります。

ロスカットされるレートは100.22円となり、許容pipsは978円になります。

レバレッジ1000倍の997.8pipsよりも20pipsほど減りました。

 
レバレッジ25倍


レバレッジ必要証拠金ロスカットレート負け許容pips
25倍44,000円100.88円912pips

レバレッジが25倍になると、必要証拠金がぐっと高くなり44,000円必要になります。

レバレッジ100倍と比べてもロスカット金額は0.66円高くなり、許容pipsも66pips減っています。

 
検証結果

レバレッジ必要証拠金ロスカットレート負け許容pips
1000倍1,100円100.022円997.8pips
100倍11,000円100.22円978pips
25倍44,000円100.88円912pips

レバレッジ1000倍、100倍、25倍を表で比較すると、必要証拠金やロスカットされるレート、負けられる許容pipsに大きな影響が出ているのがわかります。

「レバレッジが高い = 証拠金が少なくて済む」という考えではなく、「同じ証拠金を入れて安全性を確保する」という考えでトレードすれば、よりリスクが少なく取引することができます。

 

海外FXのレバレッジ制限・レバレッジ規制

ここでは海外FXのレバレッジ制限、レバレッジ規制がかかる条件やタイミングを紹介して行きます。

海外FXでは「トレーダーの保護」のために、様々な条件でレバレッジに制限がかかります。

大事なタイミングで「レバレッジが制限されてトレードできない」ということがないように、覚えておきましょう。

海外FXは口座資金によってレバレッジ制限がかかる業者がある

海外FXでは口座に入っている資金によってレバレッジに制限がかかることがあります。

ここでは制限のかかる海外FX業者を一覧で紹介します。

~10万円~30万円~50万円~300万円~1000万円1000万円~
888倍200倍100倍
1000倍500倍
400倍300倍200倍
500倍
2000倍1000倍500倍200倍
500倍100倍
1000倍75倍
500倍200倍100倍
400倍

海外FX業者は、口座残高に応じてレバレッジ制限がかかる業者があります。

レバレッジを大きくかけたい人は口座に資金を入れすぎないように注意が必要です。

大きな金額でハイレバレッジ取引をしたい人は、Hotforexだと30万ドル(約3000万円)までレバレッジ制限がかからないのでおすすめです。

あとTitanFXやiFOREXもレバレッジ制限はありません。

もし口座に資金を入れすぎてレバレッジ制限になった場合は、資金を減らしてからサポートデスクに問い合わせてみましょう。

 

海外FXでは大統領選挙など経済が動くタイミングはレバレッジ規制がかかる

大統領選挙・中間選挙などの大きなイベントのタイミングでは、レバレッジ規制が入る可能性があります。

各業者で事前にメールが入りますが、XMなどはレバレッジが100倍まで大きく規制が入ります。

また、各国の選挙等で「株価指数」の銘柄に規制が入ることは度々あります。

経済発表時のレバレッジ規制は海外FX業者によって大きく変わってくるので、その都度チェックしましょう。

 

海外FX ESMA(欧州証券市場監督局)のレバレッジ規制がかかるようになった

2018年8月からESMA(欧州証券市場監督局)ではレバレッジの規制が入りました。

日本と同じく、レバレッジの規制が法律で定められています。

ESMAはEU(イギリス・キプロス)のライセンスで運営をしている海外FX業者は「新規の口座開設」にはレバレッジ規制が入ります。

通貨種類ESMA規制後の最大レバレッジ
メジャー通貨ペア30倍
マイナー通貨ペア20倍
主要な株価指数20倍
マイナー株価指数10倍
20倍
コモディティ10倍
仮想通貨2倍

 

海外FX業者のレバレッジ規制ESMAに関係する業者

しかし、多くの海外FX業者が日本への運営をイギリス(FCA)やキプロス(CySEC)からマイナーライセンスへの変更を終えています。

XMやTitanFX・Axioryなど当サイトで紹介している業者で影響を受けたのはFxProのみです。

それ以外は今まで通り、レバレッジ規制の無い運営を続けています。

海外FX業者日本向けライセンスESMAの影響
XMセーシェル(FSA)影響なし
Axioryベリーズ(IFSC)影響なし
TitanFXバヌアツ(VFSC)影響なし
FBSセントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録影響なし
Hotforexセントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録影響なし
Tradeviewケイマン諸島(CIMA)影響なし
LAND-FXイギリス(FCA)影響なし
iFOREX英領バージン諸島(BVIFSC)影響なし

 

海外FXは経済指標時のハイレバレッジ取引をし過ぎると規制がかかる可能性がある

経済指標時のハイレバレッジ取引は、一方向に価格が動く可能性が高いので、利益を上げられるチャンスです。

しかし、指標発表時のフルレバ取引をやりすぎると、業者側からレバレッジ規制が入る可能性があります。

1度や2度のハイレバ取引で規制が入る可能性は低いと思いますが、やり過ぎるとレバレッジ規制がかかる可能性があります。

規制はトレーダー個人にかかり、解除されるには半年・一年の長い年月がかかります。

過去に経済指標時のハイレバ取引をやり過ぎた人がレバレッジ100倍まで規制されたことがありました。

指標発表時はチャンスではありますが、高レバレッジには注意しましょう。

 

海外FXのレバレッジ計算を実際にやってみた

海外FXのレバレッジ計算方法を紹介して行きます。

レバレッジ計算は手計算でもそんなに難しくありませんが、面倒な人は上でも紹介した海外FX 証拠金計算機を使いましょう。

 
レバレッジ1000倍

対象口座:Hotforex(マイクロ口座)

ドル円110円 10万通貨のレバレッジ計算
110円 × 10万通貨 ÷ 1000倍 = 11,000円

 
レバレッジ888倍

対象口座:XM(マイクロ口座、スタンダード口座)

ドル円110円 10万通貨のレバレッジ計算
110円 × 10万通貨 ÷ 888倍 = 12,387円

 
レバレッジ500倍

対象口座:XM(Zero口座)、TitanFX、LAND-FX(LPボーナス口座、LIVE口座)

ドル円110円 10万通貨のレバレッジ計算
110円 × 10万通貨 ÷ 500倍 = 22,000円

 
レバレッジ400倍

対象口座:Axiory、iFOREX、Tradeview(cTrader口座)

ドル円110円 10万通貨のレバレッジ計算
110円 × 10万通貨 ÷ 400倍 = 27,500円

海外FXのレバレッジ計算は慣れておくと良いと思いますが、計算が苦手な人はツールを使いましょう。

手持ちの証拠金で「何ロットまで買える」のか計算する時は海外FX レバレッジ計算機を使いましょう。

 

海外FXレバレッジ CFD銘柄の最大レバレッジ一覧

海外FX業者によっては、株価指数・貴金属・エネルギー・コモディティなどのCFD銘柄によって、最大レバレッジを制限しています。

ここでは各業者のレバレッジ制限について紹介します。

FX株価指数貴金属エネルギー仮想通貨コモディティ
XM50~888倍5~200倍22.2~888倍33.3~66.7倍2倍50倍
Axiory400倍50~100倍20倍20倍
TitanFX500倍500倍500倍500倍500倍
FBS3000倍3000倍3000倍3000倍3倍3000倍
Tradeview500倍10倍100~200倍10倍10倍
Hotforex1000倍50~200ドル100~200倍66.7~100倍5~10倍700~1500ドル
LAND-FX500倍200倍100倍200倍
iFOREX400倍20~200倍100~400倍70~200倍10倍50~100倍

 

海外FXのCFD銘柄でレバレッジ制限がないのはTitanFX・FBSの2業者

CFD銘柄のレバレッジ制限が無いのは2業者です。

TitanFX (最大レバレッジ500倍)
FBS (最大レバレッジ3000倍)

XMやHotforexはハイレバレッジ業者ですが、CFD銘柄になるとレバレッジ制限がかかってきます。

CFD銘柄のトレードをしたい人はTitanFXFBSを使いましょう。

 

海外FXレバレッジまとめ

スタンダード,マイクロセント口座ECN口座Trade100Bonus
3000倍1000倍500倍100倍
オールインワン口座ノースプレッド口座
1000倍1000倍
マイクロ口座プレミアム口座ゼロスプレッド口座HFコピー口座
1000倍500倍500倍400倍
スタンダード口座マイクロ口座ゼロ口座
888倍888倍500倍

海外FXはハイレバ取引がメリットの一つで、追証無しのゼロカットと非常に相性が良いです。

少ない金額で一獲千金を狙えるFBSは、ぜひ登録しておくと良いでしょう。

FBSは2番目にレバレッジの多いHotforexの3倍のレバレッジを誇ります。

FBSの登録はコチラ

 
【関連記事】

コメント