海外FX初心者の始め方 海外FX口座の特徴

  • 海外FXの特徴を知りたい
  • 国内FXと比べてどう違うの?
  • おすすめの海外FX業者を教えて欲しい

このような海外FX初心者向けに、海外FXの特徴や国内FXとの違い、おすすめの海外FX業者について紹介して行きます。

海外FXは国内FXと比べてメリットも多いですが、デメリットもあるので比較したうえで始めるようにしましょう。

海外FXと国内FXの比較表

海外/国内比較海外FX国内FX
レバレッジ平均400~500倍25倍
ボーナス口座開設や入金でのボーナス基本的になし
追証ゼロカット(追証なし)追証請求あり
ロスカット平均20%前後平均50%前後
取引プラットフォームMT4,MT5(カスタマイズ性が高い)自社取引ツール
DD/NDDNDD方式が多いほぼすべてDD方式
スプレッド平均的に広い平均的に狭い
日本の金融庁許可無許可すべて許可済み
信託保全信託保全がない業者もあるすべて完全信託保全
税金累進課税で高い申告分離課税で一律
出金方法によっては手数料高い出金手数料無料が多い
詐欺業者一部あり詐欺レベルは少ない
このページで分かること
  • 初心者も海外FXの特徴、メリット・デメリットが分かる
  • 海外FXの始め方(口座開設方法)が載っている
  • おすすめの海外FX業者が分かる

 

\海外FX比較ナビ 特別キャンペーン開催中/

海外FX初心者 海外FXの特徴

海外FXには、メリット・デメリットが多く存在します。

下記の取引で必ず必要な項目別に、海外FXと国内FXを比較していきます。

【海外FXメリット】

  • レバレッジが高い
  • ボーナスが豊富
  • 追証なし(ゼロカット)
  • ロスカット水準が低い
  • MT4・MT5のカスタマイズ性が高い
  • NDD方式の業者が多く透明性が高い
【海外FXデメリット】

  • スプレッドが平均的に広い
  • 日本の金融庁登録がない
  • 信託保全がない業者が多い
  • 税金が高い(雑所得)
  • 出金に時間がかかる・手数料が高い
  • 詐欺業者が一部いる

ここで挙げた項目を、一つづつ見ていきましょう。

 
レバレッジが高い

海外FX国内FX
レバレッジ平均400倍~500倍25倍

国内FXに比べて、海外FXは平均400倍~500倍と、とにかくレバレッジが高いです。

効率的に資産を増やすために、レバレッジ25倍の国内FXから、ハイレバレッジの海外FXに変える人は多いです。

ただし、ハイレバレッジの取引には、大きなリスクも伴います。そのため、資金管理には注意して取引してください。

参考記事:海外FXのレバレッジ比較・最大レバレッジと計算方法・制限される条件

 
ボーナスが豊富

海外FX国内FX
ボーナスボーナスありの業者が多いない

多くの海外FX会社は、ボーナスが豪華です。そのため、初期費用が少なくても、ボーナスで、ある程度足しにすることができます。

口座開設時に、未入金の状態でも数万円のボーナスを給付してくれる業者もあります。このような点で、国内FXに比べて、海外FXはお得です。

参考記事:海外FXのボーナス・おすすめキャンペーン

 
追証が無い

海外FX国内FX
追証追証なし追証あり

多くの海外FX業者には、ゼロカットがあります。そのため、追証を請求されることはありません。

ゼロカットとは、口座残高がマイナスになっても、そのマイナス分を海外FX業者が補填してリセットしてくれるシステムです。

このシステムのおかげで、トレーダーは借金を抱えなくても済んでいます。

国内FXの場合は海外FX業者と違って追証を請求されます。

ゼロカットによるリスク回避ができるのは、とても安心できます。

参考記事:海外FXのゼロカット 追証のリスクとゼロカットの仕組み

 
ロスカット水準が低い

海外FX国内FX
ロスカット水準平均20%~30%平均50%~60%

海外FXではロスカット水準が低いのでロスカットされにくい特徴があります。

エントリー後に含み損が拡大しても、そこから逆転して含み益になるチャンスがあります。

ただし、もしロスカットされてしまえば、ロスカット水準が低いため、その分損失が大きくなります。

レートが大幅に逆行しそうな時は、早めの損切りを心がけましょう。

参考記事:海外FX 強制ロスカット水準の計算方法と証拠金維持率・ロスカットルール

 
MT4・MT5のカスタマイズ性が高い

海外FX国内FX
取引プラットフォームMT4、MT5独自ツール

海外FXでは、取引プラットフォームとして、カスタマイズ性の高いMT4やMT5を使うことができます。

世界中で最も使用されているトレードツールで、無料で使うことができ、インジケーターで自由にカスタマイズできるのが特徴的です。

MT4は世界一多くのトレーダーが利用する取引プラットフォームで、MT5は「MT4の後にリリースされた新しい取引プラットフォーム」です。

MT5は動作が軽いのが特徴です。他にもMT4と比べてグレードアップしている点も多いです。

参考記事:XMのMT5(MetaTrader5)取引プラットフォームとは?

 
NDD方式の業者が多く透明性が高い

海外FX国内FX
DD/NDDNDDが多いほとんどがDD

海外FXでは、NDD方式を採用している業者が多く、透明性の高い取引環境が整っています。

反対に、ほとんどの国内FX業者はDD方式を採用しています。

 
DD方式

DD方式 (Dealing Desk)とは、「呑み方式」や「OTC方式」とも呼ばれ、実際にLPやインターバンク市場に注文を流さない方式です。

実際に注文を流す場合もありますが、ほとんどのトレーダー9割は「勝手に負けていく」ので、「わざわざ注文しなくても、どうせ負けるでしょ?」というのがDD方式です。

ただ、全ての注文を呑むのではなく、勝率の高いトレーダーや大口客の注文はLPやインターバンク市場に注文をしたり、カバー取引(トレーダーとは逆の注文を入れてリスクヘッジする)ことで、リスクを減らしています。

 
NDD方式

NDD方式(Non Dealing Desk)とは、トレーダーの注文をFX会社が仲介するのではなく、直接LPやインターンバンクに流すというものです。

NDD方式の中でも「ECN方式」はトレーダーとインターンバンクが直接繋がっている形なので、取引環境に透明性があります。

NDD方式のFX会社の主な収入源はトレーダーのスプレッドなどの手数料です。

トレーダーが継続して利益を出し、たくさんの取引を行うことで、NDD方式のFX会社は利益が出せるのです。

つまり、トレーダーとFX会社の方向性が同じなので、トレーダーの不利になることはしません。

 
スプレッドが平均的に広い

海外FX国内FX
スプレッド広い狭い

海外FXは国内FXと比べて平均的にスプレッドが広く、スプレッドで判断すると国内FXの方が有利になります。

ただ、スプレッドを狭くする努力をしている海外FX業者もいくつかあり、国内FXに負けないスプレッドを実現している業者があります。

海外FXはスキャルピングOKの業者が多いので、スプレッドの狭い業者を選んでスキャルピングやデイトレードをすると良いでしょう。

参考記事:海外FXスプレッド・手数料の一覧とスプレッドの狭い業者

 
日本の金融庁登録が無い

海外FX国内FX
金融庁許可無登録登録済

海外FX業者は日本の金融庁許可がなく、無登録営業となっています。

そのため海外FXを始めることを心配する人もいます。

ただし、日本の金融庁に登録するには、レバレッジを規制しなければならないなどの条件があるので、そうしないためにあえて登録していないです。

日本の金融庁に登録していないからといって、海外FXが危険という訳ではないので安心してください。

 
信託保全が無い業者が多い

海外FX国内FX
信託保全ない業者も多い必ずある

信託保全とは、投資家が資産を預け入れた海外FX業者が倒産しても、信託銀行から資金が投資家の元へ返ってくる投資家を守るためのものです。

国内FX業者には法律上、信託保全を必ず行わないといけないというルールがありますが、海外FXには、信託保全を行っていない業者があります。

そのため、倒産した時に、口座内の自分のお金が返ってこない「倒産リスク」が大きいのがデメリットです。

しっかりと信託保全を取り入れている海外FX業者を選ぶと、安心度も高いですね。

参考記事:海外FXの信託保全 種類と業者の信託保全一覧

 
税金が高い(雑所得)

海外FX国内FX
税金累進課税申告分離課税

国内FXの税金は「申告分離課税」のため、税率は一律20.315%となっています。

それに対して海外FXでは「累進課税」のため稼げば稼ぐほど税率が高くなります。

(所得税は5%~45%)

サラリーマンの給料などを含めて課税所得が430万円までは、海外FXの方が税金が安くなりますが、430万円以上は国内FXの方が税金が安くなります。

 
参考記事:海外FXの税金 仕組みと納税・違い

 
出金に時間がかかる・手数料が高い

海外FX国内FX
出金時間当日~5営業日当日・翌日
出金手数料0円~5000円無料が多い

海外FXは出金方法によっては時間がかかり、手数料が高くなることがあります。

特に利益が出た時の出金は「海外銀行送金」という方法になり、出金に数日かかり、手数料も2,500円~5,000円ほどかかります。

国内FXの場合は当日か翌日に手数料無料で出金できるため、海外FXの方が不利な条件になっています。

 
参考記事:海外FXの出金手順と手数料・注意点

 
詐欺業者が一部いる

海外FXには一部、詐欺を行う業者がいます。

一見、まともそうな業者でも詐欺行為を行っているところもあり、海外FX業者の公式サイトだけでは見分けがつかないことが多いです。

国内FXも詐欺ではないですが、スプレッドを広げたりストップ狩りをしたりなど、悪質な行為はあると思います。

参考記事:海外FXの評判 – 評判が悪い海外FX業者の評価

 

海外FX初心者の口座開設

海外FXの口座開設の手順を説明します。

日本語対応している海外FX業者も多いので、英語に自信が無くても大丈夫です。

大まかな手順はこの通りです。

  1. 口座開設フォームの入力
  2. 必要書類のアップロード
  3. 取引プラットフォームのダウンロード
  4. 口座承認完了

 
口座開設フォームの入力

まず、海外FX業者の公式ホームページで「新規口座開設」をクリックして、氏名や住所など、必要事項を入力しアカウントを作成します。

口座開設の時に銀行の詳細を入力する場合もあります。

アカウントが作成されると、登録したメールアドレスあてにログインに必要なIDやパスワードが送られます。自分で設定する場合もあり、各海外FX業者によって異なります。

 
必要書類のアップロード


その後、マイページにログインして、必要書類をカメラで撮影して、アップロードします。

必要書類には、パスポートや健康保険証などの「本人確認書類」や、公共料金明細書などの「住所確認書類」があります。

「住所確認書類」は、発行日から3か月以内のものを使うようにしましょう。

あまりに書類が古いと、却下される可能性もあるので、ご注意ください。

画像の撮影方法や書類の種類は、業者によって異なるので、指示に従って正確に行いましょう。

 
取引プラットフォームのダウンロード

その後、パソコンやスマホにMT4やMT5の取引プラットフォームをダウンロードします。

口座開設を待っている間も、デモ口座を使って練習ができる海外FX業者もあります。

申請が認証されたら、いよいよ取引プラットフォームのダウンロードをしましょう。

 
口座承認完了

メールで「口座承認完了」のお知らせが届くと、入出金や取引ができるようになります。これで完了です。

入金方法も、海外FX業者によって異なりますが、クレジットカードや決済サービスを使って入金できます。

 

海外FX初心者の始め方 海外FX口座比較

「海外FXの初心者」におすすめの評価の高い3業者を紹介します。

海外FXのことがよく分からない人も、この3業者のどこかに登録しておけば間違えないでしょう。

 
海外FXおすすめNo.1 XM(XMTrading)

XMのメリット
ボーナス口座開設ボーナス、入金ボーナス、キャッシュバックボーナス
レバレッジ888倍(Zero口座500倍)
ロスカット水準20%
追証追証なし(ゼロカット)

海外FXで一番におすすめしたい業者はXM(エックスエム)です。

XMはボーナスが3種類も付き、口座開設だけで3千円のボーナスがもらえます。

またレバレッジが高く、ロスカット水準も低いためロスカットされにくいのが特徴です。

スプレッドが広めですがZero口座を追加すれば低スプレッドでトレードでき、XMは非常に優れた海外FX業者です。

XMの詳細を確認する
XMの登録はコチラ

 
海外FXおすすめNo.2 Axiory(アキシオリー)

Axioryのメリット
スプレッドドル円0.4pips、ユーロ円0.7pips、ユーロドル0.4pips
レバレッジ400倍
ロスカット水準20%
追証追証なし(ゼロカット)

Axiory(アキシオリー)のメリットはスプレッドが狭く、デイトレードやスキャルピングに向いた海外FX業者です。

ボーナスはありませんが、スプレッドが狭く、不正のないNDD方式を採用しているため、安心してトレードすることが出来ます。

MT4だけでなく裁量トレードに優れたcTraderも使用することが出来ます。

Axioryの詳細を確認する
Axioryの登録はコチラ

 
海外FXおすすめNo.3 iFOREX(アイフォレックス)

iFOREXのメリット
ボーナス入金ボーナス2万ドル
レバレッジ400倍
ロスカット水準0%
追証追証なし(ゼロカット)

iFOREX(アイフォレックス)はロスカット水準が0%の海外FX業者で、「一度エントリーしたポジションは証拠金0円になるまでロスカットされない」という最強の海外FX業者です。

iFOREXは「一発逆転のギャンブルトレード」に向いた業者で、アイフォレックスで一獲千金を狙う人を「アイフォ戦士」と呼ばれています。

アイフォレックスはCFD銘柄の取扱いが多く、ハイリターンの原油や天然ガスでトレードする人も多いです。

iFOREXの詳細を確認する
iFOREXの登録はコチラ

 

海外FX初心者まとめ

海外FX初心者のための、海外FXの始め方について紹介して来ました。

直ぐに取引ができ、手軽に始められる海外FX業者でも、それぞれのルールが異なるので新しく取引を始める際はしっかりと情報を集めて吟味してから始めるようにしてください。

特にしっかりと確認しておきたいポイントは、

  • スプレッド
  • 取引手数料
  • 信託保全
  • ゼロカット
  • 詐欺業者ではない信頼の置ける海外FX業者か
  • 日本語対応しているか

どれをとっても大切な要素なので、海外FXを始める際にはこれらのポイントを考慮しながら取引をしていきましょう。

 
【関連記事】

分からないことはコチラから検索
海外FX業者から選ぶ
調べたい項目から選ぶ
両方選択すると、絞り込み検索になります
フリーワード検索(2語以上はスペースを入れて入力)
\海外FX比較ナビ 特別キャンペーン開催中/
海外FXのおすすめ 海外FX業者の口座を比較