海外FXの出金拒否 – 出金トラブルと詐欺業者

海外fx 出金拒否

「海外FXって出金拒否があるの?」

「出金拒否になるような詐欺業者を教えてほしい」

「出金拒否にならない対策を知りたい」

このような海外FXの出金拒否について独自に調査しましたので、紹介して行きます。

海外FXでは少なからず出金拒否などの出金トラブルが発生しています。

これは「海外FX業者の一方的な不正」によるものと「トレーダーが悪質なトレードを行なった結果による出金拒否」があります。

ここでは「不正をする海外FX業者を見分ける方法」と「禁止されている取引」について紹介して行きます。

 

海外FXの出金拒否は本当にあるのか?

Twitterや2chを見ると「出金拒否」の言葉を見かけることがよくあります。

この記事を読んでいる人の中には海外FX業者から出金拒否を受けたことがある人もいるでしょう。

海外FXでは「出金拒否」などのトラブルは実際にあり、多くの人が泣き寝入りをしています。

このような出金拒否をする海外FX業者には十分注意しましょう。

 

海外FXの出金拒否や出金トラブルの事例を確認

海外FXで出金拒否などのトラブルについて確認する時はFPA(Forex Peace Army)、2ch(2ちゃんねる)、Twitterを調べるのが良いと思います。

FPAは海外の口コミサイトですが情報量が多く、FPA自体も不正行為が合った場合に業者に掛け合ってくれるなど対応してくれます。

ただ、全てが正しい情報という訳ではなく、デマ情報やトレードで負けた腹いせに悪い情報を流している人もいるので、慎重に調査しましょう。

 
XMの出金拒否

xmから勝利を引き出すことができません
私は10年以上も問題なく他の規制されたブローカーと取引してきました。xmとの取引に注意してください。あなたが勝利を撤回したいとすぐに、彼らはあなたの撤回をブロックする口実を得るでしょう
有線の撤回も同様にオプションではありません
合計詐欺!!!! 。もう2ヶ月以上で撤退しようとしています。私は今、私のお金を取り戻すためにfcaの主張に進んでいます。

※「撤回」は出金のこと

FPAではXMの出金拒否の情報もいくつか見かけます。

日本国内だと出金拒否情報はあまり見かけませんが、海外では不正行為が多いのでしょうか?

Twitterではこのような出金拒否情報がありましたが、XMは調べたところ、具体的な出金拒否情報が出て来ませんでした。

悪質な出金拒否は無さそうです。

 
iFOREXの出金拒否

FPAを見るとiFOREXの出金拒否の口コミがたくさん出て来ます。

逆に2chでは1件も出て来ませんでした。

iFOREXは国によって対応を変えているのでしょうか…?

具体的な情報はありませんが、どうやらこの人は過去に出金拒否されたことがあるようですね。

 
LAND-FXの出金拒否

FPAでのLAND-FXは出金拒否ではなく「利益の帳消し」の情報が多かったです。

利益の帳消しも出金拒否も結果は同じだと思いますが…。

ボーナスを使って利益を出すと、「スキャルピングだ」とか「アービトラージだ」とか言って利益を帳消しされるようです。

250名無しさん@お金いっぱい。2019/12/12(木) 01:34:23.55ID:yTsT8HVy0
ランドは少額でも出金拒否の口座凍結されたぉ ちな8万な

LAND-FXは国内でも同じような「ボーナスで利益を出す」と出金拒否になるようです。

LAND-FXは何かと規約違反や禁止取引に故事づける可能性があるので、特にボーナスを使ったトレードには注意が必要です。

 
TitanFXの出金拒否

646名無しさん@お金いっぱい。2019/09/21(土) 19:25:27.25ID:c7kINQql0>>649
TITANって元はペッパーストーンだったらしいから最悪ではないと思ってたけど
そんなに信用できる?
孤高のFXではあかん業者の一角で約定訂正とか出金拒否とか書いてある

2chではTitanFXで出金拒否になる情報が書いてあります。

TitanFXはNDDと言っていますが、隠れDDです。

TitanFXは意外と悪質な可能性があります。

意外と被害報告多めです。

 
GemForexの出金拒否

219名無しさん@お金いっぱい。2019/12/11(水) 10:23:48.75ID:CHiBvpHF0
gemで、指標の時だけやってたら出金拒否されるの?

220名無しさん@お金いっぱい。2019/12/11(水) 10:39:33.86ID:GTy5eZaq0
勝たなければ大丈夫

GemForexは悪いウワサも多いですね。

自他共に認めるDD方式ですし。

しかし、出金拒否の事例はあまりなく、レート操作やストップ狩りの方が多そうです。

Twitterだと情報量が少ないので、本当に出金拒否なのか判断が付きにくいです。

しかしGemForexもなかなかウワサが多いですね。

 
is6comの出金拒否

Is6.comは大きな時間泥棒です
これは6人の泥棒です…私はボーナス口座を開設し、それを168ドルにしました。9月24日にリクエストを行うか撤回しますが、今までのところ、私は撤回していません。彼らはこれを他のいくつかのトレーダーに行っており、これを検討する必要があります。

FPAは英語のため、直訳すると変な日本語になります。

分かりにくいですが、出金拒否された話しです。

261名無しさん@お金いっぱい。2019/12/12(木) 16:43:38.26ID:Q+IsqXT90>>262
ディスカバとis6は出金拒否多発だからな

is6comの2chでの出金拒否情報です。

is6comはどこを見ても出金拒否の情報が多いですね。注意が必要です。

Twitterでもis6comの出金拒否の情報があります。

 

[海外FX出金拒否]詐欺業者には注意

FPA(Forex Peace Army)を見ると、このように詐欺業者認定を受けている海外FX業者もあります。

このような業者は確実に詐欺なので、絶対にトレードしない方が良いです。

(詐欺業者認定を受ける前にも、いくつかの段階があります。それ以前に詐欺だと思える状態ですが、SCAMになったら詐欺確定です)

FPAで詐欺業者扱いとなっている有名な海外FX業者

  • IronFX
  • Instaforex.com

FPA 詐欺業者一覧

詐欺業者は徐々に衰退して行くので、「詐欺で有名」という表現もおかしいですが…。

IronFX(アイアンFX)やInstaforex(インスタフォレックス)あたりは悪名高いですね。

たぶん登録した全ての人を獲物にしている感じです。

利益が出ても出金拒否される可能性が非常に高いです。

 

海外FXの出金拒否の対策

海外FXで出金拒否を避けるためには、詐欺業者で取引しないのはもちろんですが、有名な海外FX業者でも以下のことに注意すると出金拒否を避けられる可能性が高いです。

DD方式の業者は、「トレーダーが不正行為をした」と言えば出金拒否にされてしまう可能性があります。

  • ライセンスがない業者は使わない
  • 信託保全がない業者は使わない
  • 禁止事項の多い業者は使わない
  • ボーナスのある業者を使わない
  • スキャルピング禁止の業者を使わない
  • B-Book(DD)や隠れDDの業者を使わない

 
ライセンスがない業者は使わない

FX業者日本向けライセンスその他の取得ライセンス
XMセーシェル(FSA)イギリス(FCA)・キプロス(CySEC)・オーストラリア(ASIC)など14種類
Axioryベリーズ(IFSC)
TitanFXバヌアツ(VFSC)ニュージーランド(FSP)
FBSセントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録キプロス(CySEC)・ベリーズ(IFSC)
Hotforexセントビンセント及びグレナディーン諸島の法人登録キプロス(CySEC)・南アフリカ(FSB)
Tradeviewケイマン諸島(CIMA)
LAND-FXイギリス(FCA)ニュージーランド(FSP)
iFOREX英領バージン諸島(BVIFSC)(グループ会社はキプロス【CySEC】・ハンガリー【MNB】取得)
GemForexニュージーランド(FSP)

ライセンスがあるからと言って「出金拒否が絶対にない」訳ではありませんが、元々詐欺目的で作られた海外FX業者であれば、ライセンスを持つこともないです。

あと注意しておきたいのが「ライセンスの停止剥奪」です。

何か業者側の不正などが発覚した場合は金融ライセンス剥奪になる可能性があります。

iFOREXでは過去に「ハンガリーFSA、キプロスCySEC」のライセンスを停止されています。

FXDDは2015年のスイスフランショックの際、ゼロカットを公表していたにもかからわず追証請求したとして金融ライセンスを剥奪されています。

 
信託保全がない業者は使わない

FX業者信託保全分別管理
XMAIG保険(最大100万ドル)
Axiory信託銀行SparkasseBank(全額信託保全)
TitanFX信託保全無し
FBS信託保全無し
Hotforex500万ユーロを上限とする民事賠償保険
Tradeview最大3万5千ドル
LAND-FXFCA CASS(最大5万ユーロ)
iFOREXス信託保全無し
GemForex不明(怪しい)

信託保全は万が一、海外FX業者が倒産した時に信託銀行が顧客資金を保証してくれる制度です。

Axioryは満額の信託保全なので一番安心ができます。

TitanFXやFBSは信託保全なしなので、よろしくないですね。

GemForexは公式サイトに「信託保全あり」と書いてありますが、「それって分別管理じゃないの?」と思わせるような書き方です。

XMのAIG保険も「損害保険」なので、倒産した時に本当に支払われるのか不明です。

 
禁止事項の多い業者は使わない

DD方式(B-Book)と言われるLAND-FXやiFOREXは取引の禁止事項が多いため、何かに付けて「規約違反」などと言って出金拒否などの出金トラブルを起こす可能性があります。

XMも禁止事項が多く、出金拒否ではありませんが、レバレッジ制限をかける措置を取ることもあるので注意したいです。

逆にTradeviewやAxioryは「禁止事項なし」なのでNDD方式(A-Book)なのが分かります。

さすがに「別口座でゼロカット狙いの両建て」をすれば、何かしらの措置はあると思いますが。

 
ボーナスのある業者を使わない

出金拒否は「ボーナスのある業者」で起こる可能性が非常に高いです。

LAND-FXなどはボーナスで利益を出すと「禁止行為」などと言って利益を無しにされる事例が複数報告されています。

このような出金トラブルは「ボーナス」と結びついていることが多いので、出金トラブルを避けたい人は「ボーナスなしの業者」に登録する方が良いと思います。

海外FXに慣れているトレーダーは「わざとボーナスを断る」こともあるそうです。

それくらいボーナスはトラブルとの関係性が強いので注意しましょう。

 
スキャルピング禁止の業者を使わない

スキャルピングを禁止にしている海外FX業者は「DD方式」ということになります。

通常なら「スプレッドや取引手数料」で利益が出るので、スキャルピングは歓迎されるはずです。

しかしDD方式の業者は実際にLPに注文を流さないので、注文が多いと「サーバーに負荷をかけるだけの迷惑な客」と見なされてトラブルを起こされます。

スキャルピングを禁止しているLAND-FXやiFOREX、GemForexあたりは注意したい業者です。

 
B-Book(DD)や隠れDDの業者を使わない

出金拒否を行なってくる海外FX業者のほとんどはDD方式のB-Bookと言われる業者です。

A-Bookの業者がこのような悪質なトラブルを起こすことはありません。

DD方式の業者や隠れDDと言われる「NDDと言いながら本当はDD」の業者には注意したいです。

DD方式LAND-FX、iFOREX、GemForex
隠れDDTitanFX、FxProなど

 

海外FXの出金拒否のない安全な業者

「出金拒否のない安全な海外FX業者は?」と聞かれたら真っ先に答えるのが「Tradeview」です。

Tradeviewはこのような出金拒否の話しになった時に、話題になることが全くありません。

他の口座凍結やレート操作、不利な約定など、不正行為も全く聞くことがありません。

Axioryも出金拒否のないクリーンな海外FX業者ですが、一部、「出金拒否された」などもウワサが少しあるので、Tradeviewの方が完全に安心できる業者だと思います。

(Axioryはスタッフに会ったこともあり、個人的には出金拒否のない安全な業者だと思っている)

出金拒否が心配であれば、Tradeviewに登録するのが一番だと思います。

 

海外FXの出金拒否まとめ

海外FX業者の出金拒否について調査して来ました。

海外FXでは少なからず出金拒否が起こっていて、泣き寝入りするトレーダーが数多くいます。

このような悲しい出金トラブルに合わないためにも、出金拒否のない安全な海外FX業者でトレードするようにしましょう。

海外FX業者の中には登録した全てのトレーダーをエサするような詐欺の業者もたくさんあります。

このような業者には間違っても登録しないように注意しましょう。

関連:海外FXの評判 – 評判が悪い海外FX業者の評価

 
【出金拒否関連記事】