Tradeview(トレードビュー)の入金方法、入金手数料、入金できない場合の対処方法

Tradeview 入金

ここではTradeview(トレードビュー)の入金方法、入金手数料、入金できない場合の対処方法を詳しく紹介して行きます。

Tradeviewの入金ページではたくさんの入金方法が表示されますが、ほとんどがYen(円)に対応していないため、これから説明する5種類がメインとなります。

Tradeviewの出金方法は別ページで紹介します。

Tradeview(トレードビュー)の出金方法、出金手数料と出金拒否の対処方法
Tradeview(トレードビュー)の出金方法、出金手数料、出金拒否があるのか?を調査しました。 Tradeviewの出金にかかる時間や出金理由、出金できない場合の対処方法など、Tradeviewの出金について詳しく紹介して行きます。

トレードビューの登録はコチラ

 

Tradeview(トレードビュー)の入金方法おすすめ

入金の種類特徴
1位 Bitwallet入金手数料が少しかかるが、どんなカードでも入金でき、出金の時も手数料が安い
2位 クレジットカード入金、出金ともに手数料がかからないが、エラーで入金できないことが多い
3位 STICPAYBitwalletと似ているが少し高い
4位 bitpayビットコインで送金できる。ビットコインから円やドルに変更する時に少し目減りする
5位 銀行振込銀行の営業時間内でないと手続きが進まない、出金の手数料が高い

Tradeviewへの入金はBitwalletが総合的に一番おすすめです。

入金スピードも早く、クレジットカードも使えますし、手数料もそこそこ安いです。

クレジットカードは入金できずにエラーになることが多いので、直接クレジットカード入金できる可能性は低いです。

ビットコインを持っている人であればbitpayを使うことはありますが、わざわざビットコインを買ってから送金するのも手間がかかります。

クレジットカード入金かBitwallet入金の2択になると思われます。

 

Tradeview(トレードビュー)の入金手数料

入金の種類入金手数料その他入金に関わる費用出金手数料
1位 クレジットカード無料なし無料
2位 Bitwallet無料Bitwalletにはカード4%~5%、銀行振込は無料無料(銀行へは824円の手数料)
3位 STICPAY無料STICPAYへの入金手数料カード3.85%、振込1%無料(銀行へは0.3ドル+2.5%)
4位 bitpay無料bitpayからの振込手数料数百円(変動制)bitpayからの手数料400円~500円
5位 銀行振込無料振込手数料5000円前後リフティングチャージ・受取手数料5,000円ほど

Tradeviewへの入金手数料はクレジットカードが一番安く、無料で入金することが出来ます。

またBitwalletも銀行振込でBitwalletに入金すれば無料で入金可能です。

クレジットカードはエラーで入金できないことが多いので、総合的に考えるとBitwalletが一番安く入出金が可能です。

Tradeviewの銀行振込は「海外銀行送金」となるため、中継手数料など全部で5000円ほどの費用がかかります。

 

Tradeview(トレードビュー)の入金に反映される時間

入金の種類反映時間
1位 クレジットカードリアルタイム
2位 Bitwalletリアルタイム
3位 STICPAYリアルタイム
4位 bitpay15分以内
5位 銀行振込3~10営業日

Tradeview入金に反映される時間はクレジットカード、Bitwallet、STICPAYが即時に反映されるため、非常に早いです。

(BitwalletやSTICPAYは、一度、Bitwallet・STICPAYに入金する必要があるため、クレジットカードが一番早いです)

bitpayも15分以内に反映されるため早い方です。

海外への銀行振込は中継銀行などもはさむため、3日~10日ほどかかります。

 

Tradeview(トレードビュー)の入金 最低入金額(いくらから)

入金の種類最低入金額
クレジットカード10万円(スタンダード口座は1万円)
Bitwallet10万円(スタンダード口座は1万円)
STICPAY10万円(スタンダード口座は1万円)
bitpay10万円(スタンダード口座は1万円)
銀行振込10万円(スタンダード口座は1万円)

Tradeviewの最低入金額はMT4スタンダード口座で1万円~、ILC口座、cTrader口座、Currenex口座で10万円~となります。

10万円~となるとかなりハードルが高くなるのでTradeviewは上級者向きの海外FX業者と言えるでしょう。

 

Tradeview(トレードビュー)の入金 営業時間と土日

入金の種類営業時間
1位 クレジットカード24時間OK
2位 Bitwallet24時間OK(銀行からBitwalletへの入金は平日15時まで)
3位 STICPAY24時間OK(銀行からSTICPAYへの入金は平日15時まで)
4位 bitpay24時間OK
5位 銀行振込平日9時~15時まで

入金する時間はクレジットカード・Bitwallet・STICPAY・bitpayは24時間土日でも入金可能です。

ただしBitwallet・STICPAYは銀行での入金が「銀行の営業時間の平日15時までの入金」が必要になります。

 

Tradeview(トレードビュー)の入金 クレジットカード(デビットカード)

入金方法Tradeviewの受取手数料振込側の手数料
クレジットカード無料無料

Tradeviewのクレジットカード入金は手数料がかからず、入金スピードも「リアルタイム」のため、非常に良い方法ですが、クレジットカード入金はエラーが起きて入金できないことが多いです。

クレジットカード出金は「入金のキャンセル」として出金させるため、クレジット会社は「海外FX業者に入金させてもメリットがない」のでエラーが起きることが多いです。

ほとんどのクレジットカードが入金エラーになりますが、私の経験と2ch(5ch)情報を元に「入金できる可能性のあるカード」をまとめました。

【入金できないカード】

  • マスターカード系クレジット
  • アメリカンエキスプレスカード系(アメックス)
  • 楽天カード(デビット含む)
  • Viewカード(JCB)
  • UFJカード
  • 住信SBIカード
  • ソニー銀行カード

マスターカードやアメックスカードは入金エラー(入金拒否)となってしまいます。

VISAカード系でも入金できないカードがほとんどです。

【入金できる可能性のあるカード】

  • ジャパンネット銀行VISAデビット
  • セブン銀行のデビットカード
  • エポスカードVISA
  • スルガ銀行デビットカード
  • JCBデビットカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • VISAバンドルカード
  • VISAバウチャー(Voucher)カード
  • auWALLETクレジットカード(auウォレット)
  • Vプリカ

「入金できる可能性のあるカード」はクレジットカードよりもデビットカードやプリペイドカードの方が入金しやすいようです。

デビットカード、プリペイドカードは「誰でも審査なく発行できる」ので、1~2枚発行しておくと良いでしょう。

 

Tradeview(トレードビュー)の入金 Bitwallet

入金方法Tradeviewの受取手数料Bitwalletの手数料Bitwalletへの入金手数料
Bitwallet無料無料VISA・マスター4%、その他カード5%、銀行振込無料(銀行側の振込手数料)

Bitwallet(ビットウォレット)は「決済サービス」と言われ、一度Bitwalletに入金して、さらにBitwalletからTradeviewに入金する方法を取ります。

Bitwalletへの入金にはクレジットカードと銀行振込が選ぶことができ、クレジットカードは「どんなカードでも入金できる」ため、非常に便利です。

ただ、クレジットカード入金の手数料が4%~5%と地味にかかり、金額が大きくなればなるほど手数料も高くなります。

金額が大きい場合は、Bitwalletへの入金を銀行振込にすると良いでしょう。

bitwallet™ は世界200カ国で使えるオンラインウォレット
bitwallet(ビットウォレット)は、3種類の法定通貨(米ドル・日本円・欧州ユーロ)に対応し、世界最高水準のセキュリティを備えたオンラインウォレットです。5種類のクレジット/デビットカードを利用した入金、銀行からの送金(日本、その他海外)、オンラインウォレット(NETELLER、Skrill)による入金に対応してい...

 

Tradeview(トレードビュー)の入金 STICPAY

入金方法Tradeviewの受取手数料STICPAYの手数料STICPAYへの入金手数料
STICPAY無料無料クレジットカード3.85%、振込1%

STICPAYはBitwalletと同じような決済サービスで手数料も安くおすすめです。

しかしBitwalletと比べると「出金手数料が少し高い」ため、あまり使うことは少ないでしょう。

The global e-wallet, STICPAY
Send and Receive money easily and securely anywhere

 

Tradeview(トレードビュー)の入金 bitpay

入金方法Tradeviewの受取手数料bitpayの手数料bitpayへの入金手数料
bitpay無料数百円(ただしビットコインから円やドルに変更される時に目減りする)400円~500円

bitpayへの入金は、ビットコイン(BTC)の金額が常に変動しているため、はっきりした金額が言えません。

「金額の多さによって手数料も変動する」ため、「数百円です」としか言えないのが現状です。

(送金詰まりを起こすとKBが増加するため、手数料が高くなります)

BTCから円やドルに自動変換される時に、少し金額が減ってしまいます。(円やドルからBTCに変換される時も少し目減りします)

目減りするパーセントは約3~4%ほどです。

仮想通貨投資を行なっている人にはおすすめで、BTC以外にもBCH(ビットコインキャッシュ)にも対応しています。

BitPay – Secure Bitcoin Wallet

BitPay – Secure Bitcoin Wallet

BitPay, Inc.無料posted withアプリーチ

 

Tradeview(トレードビュー)の入金 銀行

入金方法振込口座名義Tradeviewの受取手数料振込側の手数料
SantanderGCS RE: TRADEVIEW LTD無料5000円前後

Tradeviewは国内銀行送金がなく「海外銀行送金」となり、手数料が非常に高くおすすめできない方法です。

しかも着金まで3~10日ほどかかるため、「まず使うことがない入金方法」となります。

 

Tradeview(トレードビュー)の入金が反映されない場合

Tradeviewで入金できない、入金が反映されない場合は「クレジットカードによる入金エラー」が多いです。

上で紹介した「入金できる可能性のあるカード」で試してみると良いでしょう。

また、海外への送金は何かと問題が起きることがあるので、何かトラブルがあれば「送金元」に確認するようにしましょう。

まだTradeviewに着金していない状態でTradeviewに連絡を取っても調査できません。

基本的に「送金元」が送金の責任を持つことになっているので、覚えておきましょう。

 

Tradeview(トレードビュー)の入金まとめ

入金の種類特徴
1位 Bitwallet入金手数料が少しかかるが、どんなカードでも入金でき、出金の時も手数料が安い
2位 クレジットカード入金、出金ともに手数料がかからないが、エラーで入金できないことが多い
3位 STICPAYBitwalletと似ているが少し高い
4位 bitpayビットコインで送金できる。ビットコインから円やドルに変更する時に少し目減りする
5位 銀行振込銀行の営業時間内でないと手続きが進まない、出金の手数料が高い

Tradeveiwの入金方法を紹介して来ましたが、入金はBitwalletが一番おすすめです。

入金方法も「クレジットカードや銀行振込」があり、出金にかかる費用がとても安く済みます。

今後もずっとBitwalletが使えるか分かりませんが、しばらくはBitwalletが活躍しそうです。

トレードビューの登録はコチラ

 
【Tradeview関連記事】

コメント