Tradeviewの出金方法、出金手数料と出金拒否の対処方法

Tradeview 出金

ここではTradeview(トレードビュー)の出金方法について紹介して行きます。

Tradeviewの出金手数料、出金拒否になるトラブル、出金できない場合の対処方法など、Tradeviewの出金について詳しくレクチャーして行きます。

Tradeviewの登録はコチラ

 

\独自ボーナス&EAプレゼント/

Tradeview出金の注意点

Tradeviewの出金で注意しないといけないのが「入金と同じルートを使わないといけない」という点です。

もし「クレジットカードで入金したらクレジットカードで出金しないといけない」というルールがマネーロンダリング防止のために決められています。

利益が出た場合は3つの方法(Bitwallet、bitpay、海外銀行送金)の中から選んで出金することが出来ます。

(クレジットカード出金は「クレジット入金のキャンセルとして」出金されるため、クレジット入金していないと出金できません)

 

Tradeviewの出金方法おすすめ

出金の種類利益の出金特徴
1位 Bitwallet利益の出金可能924円の手数料で銀行出金ができる
2位 クレジットカード入金額と同額まで入金のキャンセルという形で出金される
3位 STICPAY入金額と同額まで手数料は0.3ドル+出金額の2.5%
4位 bitpay利益の出金可能円やドルからBTCに変換される時に少し目減りする
5位 銀行振込利益の出金可能35ドル+中継手数料、受取手数料合計5,000円ほどかかる

Tradeviewの出金はBitwalletが一番おすすめで、出金手数料も安く、スピードもかなり早いです。

クレジットカード入金した場合はクレジットカード出金が手数料無料ですが、Bitwalletは「利益の出金」も可能です。

Tradeviewの出金はBitwallet一択で考えて良いでしょう。

 

Tradeviewの出金手数料

出金の種類Tradeviewの手数料その他手数料
1位 クレジットカード無料なし(入金のキャンセルという形で出金される)
2位 Bitwallet1ドル824円(Bitwalletからの手数料)
3位 STICPAY無料0.3ドル+出金額の2.5%(STICPAYからの手数料)
4位 bitpay無料変動制(BTCに変換される時に少し減る)
5位 銀行振込35ドル中継手数料,受取手数料5,000円ほどかかる

Tradeviewの出金手数料はクレジットカードが一番安いですが、総合的に考えるとBitwalletが便利でおすすめです。

Bitwallet出金はTradeviewからの手数料が1ドルかかりますが、トータルで1,000円弱の手数料で出金することが可能です。

STICPAYは出金手数料が地味にかかり、bitpayは安いですが「送金詰まり」を起こすと費用が高くなります。

銀行出金はTradeview側の手数料が35ドルかかるので、おすすめできません。

 

Tradeviewの出金にかかる日数、時間

出金の種類出金にかかる日数
1位 STICPAYリアルタイム
2位 Bitwallet24時間以内
3位 bitpay1~5営業日
4位 銀行3~10営業日
5位 クレジットカード1~2ヶ月(締め日と支払い日による)

Tradeviewの出金スピードはSTICPAYが一番早く、リアルタイムでの出金が可能です。

Bitwalletも早く、早ければ数時間で出金されます。

一番時間がかかるのが「クレジットカード出金」です。

締め日や支払い日の兼ね合いもありますが、通常は数週間から1ヶ月はかかり、遅い場合は「6ヶ月かかった」という報告もあります。

 

Tradeviewの出金方法

Tradeviewの出金はTradeview 出金フォームから出金申請することができます。

お客様情報
口座名義:(例)Taro Yamada
Tradeview口座番号:(例)1234567
Eメールアドレス:(例)〇〇〇@gmail.com
出金額:10,000jpy
出金理由:利益の出金
ご出金方法
入金と同じ方法(利益の出金は銀行、Bitwallet、bitpayのどれか)

Tradeviewの出金は入金と同じ方法を取る必要があります。

もしBitwalletやbitpayで入金している場合は、Bitwalletやbitpayで出金することができます。

クレジットカードやSTICPAYで入金している場合は、利益の出金は銀行になります。

お客様のお名前:(例)Taro Yamada
本日の日付(月/日/年):(例)05/31/2020
共同口座保有者名:空白でOK
本日の日付(共同口座の場合):空白でOK

もう一度名前を書く箇所がありますが、本日の日付、本人確認書類をアップロードして、出金は完了になります。

出金の度に本人確認書類の提出があるので面倒ですが、一度データを保存しておけば使いまわしでOKです。

 

Tradeviewの出金理由

Tradeview 出金理由

Tradeviewで出金する時、「出金理由」を記載しなくてはいけません。

「コンプライアンス上、聞かれているだけ」なので、変なことを記載しなければ問題ありません。

I need my funds for personal use.(個人的に資金が必要)
I want to withdraw my profits.(利益を出金したい)

このように英語で書いても構いませんが、私はいつも「日本語」で記載して出金できています。

利益の出金

これだけです。これで問題なく、毎回出金できています。

 

Tradeviewの出金拒否、出金トラブル

Tradeviewの出金拒否などのトラブルを探しましたが、特に見つかりませんでした。

Tradeviewは問題なく出金できます。(Tradeviewが一番トラブルの少ない海外FX業者だと思われます)

別ページで出金拒否について詳しく調査して行きます。

関連:Tradeviewの出金拒否-出金できない時の出金ルールと方法

 

Tradeviewの出金できない場合の対処方法

Tradeviewで出金できない場合は「クレジットカード出金」が一番多いでしょう。

クレジットカード出金は時間がかなりかかります。

出金手続きが完了している場合は、着金元のクレジット会社に問い合わせるようにしましょう。

もし海外銀行送金などで、なかなか着金しない場合は、「送金元」が責任を持つのが通常です。

その場合はTradeviewに問い合わせて、送金元の銀行に掛け合ってもらえるようにお願いしましょう。

 

Tradeviewの出金まとめ

出金の種類利益の出金特徴
1位 Bitwallet利益の出金可能924円の手数料で銀行出金ができる
2位 クレジットカード入金額と同額まで入金のキャンセルという形で出金される
3位 STICPAY入金額と同額まで手数料は0.3ドル+出金額の2.5%
4位 bitpay利益の出金可能円やドルからBTCに変換される時に少し目減りする
5位 銀行振込利益の出金可能35ドル+中継手数料、受取手数料合計5,000円ほどかかる

Tradeviewの出金について詳しく紹介して来ましたが、出金で一番おすすめはBitwalletです。

Bitwalletは「利益の集金もできる」ため、基本的にはBitwalletを使うと良いでしょう。

ただ、海外FXは「入金と出金は同じルートを使わないといけない」というルールがあるため、入金もBitwalletを使うのがおすすめです。

Tradeviewの登録はコチラ

 
【Tradeview関連記事】

コメント