海外FX出金おすすめ方法、手数料、出金拒否やトラブルの場合の対処方法

海外FX 出金

ここでは海外FXの出金方法・手数料について調査して行きます。

海外FXの出金にはルールがあり「入金と同じルートで出金しないといけない」決まりがあります。

海外FX業者によって少しルールが違うので、詳しく説明して行きます。

この4種類の出金方法・手数料を調べました。

ぜひ出金の参考にしてください。

入金方法は別ページで紹介します。

海外FXの入金方法、入金手数料、入金できない時の対処方法
海外FXの入金方法について紹介します。 海外FXの入金は出金のことを考える必要があります。入金できない時の対処方法、クレジットカード、デビットカード入金、銀行入金、入金手数料など、詳しく紹介して行きます。 銀行入金はソニー銀行がおすすめ、その他、デビットカードなど

当サイトではXMが総合的にバランスが良くおすすめしています。

 

海外FXのおすすめ出金方法比較

出金方法おすすめ度手数料着金スピード
クレジットカード無料
電子決済サービス無料
銀行無料(別途リフティングチャージ・受取手数料5,000円ほど)
ビットコイン無料

海外FXでは大きく分けて4種類の出金方法がありますが、おすすめはこの順位です。

おすすめの出金順位
①:クレジットカード 使えるカードがあれば
②:電子決済サービス 一番安定していておすすめ
③:ビットコイン ビットウォレットの次におすすめ
④:銀行送金 リフティングチャージ・受取手数料が高額

クレジットカードが一番使いやすくて便利ですが、クレジットカードの出金をし過ぎるとクレジットカード入金が出来なくなる可能性があります。

適度な頻度であればOKですが、あまり頻繁には入出金を繰り返さないようにしましょう。

電子決済サービスはいろいろありますが、ビットウォレットは非常に優秀で、一番安定しています。

ビットコインはまだ提携先が少ないですが、比較的手数料も安いため、電子決済サービスの次におすすめの方法です。

銀行送金は、リフティングチャージ・受取手数料がかかるため、あまりおすすめ出来ません。

 

海外FX出金の注意点

出金方法出金手数料出金限度額
クレジットカード無料入金額と同額まで
ビットウォレット(電子決済サービス)無料(銀行へは824円の手数料)無制限
STICPAY(電子決済サービス)0.3ドル+2.5%無制限
ビットコイン無料(送金側の手数料800円~1000円)入金額と同額まで
銀行送金FX業者による(別途リフティングチャージ・受取手数料5,000円ほど)無制限

海外FXでの出金は優先順位があり、マネーロンダリング防止のために入金方法と同じ出金方法を取る必要があります。

もし、国内銀行へ出金依頼をしたとしても、クレジットカードへの出金枠が残っていれば、自動的にクレジットカードへの出金に切り替わります。

出金の優先順位
入金:クレジットカード10万円・銀行10万円
出金依頼:銀行30万円
出金結果:クレジットカード10万円・銀行20万円

このように、銀行で30万円出金依頼をしても、優先順位によって自動的に変更されます。

 

海外FXの銀行出金はリフティングチャージと受取手数料がかかる

国内銀行への出金はダブルで手数料がかかるので、あまりおすすめしません。

  • リフティングチャージ:約2,500円(海外FX業者 → 中継銀行への送金手数料)
  • 国内銀行の受取手数料:約2,500円(中継銀行 → 国内銀行への送金手数料)

出金のことを考えると、クレジットカード入金とビットウォレット入金がおすすめです。

クレジットカードは出金限度額がありますが、手数料が無料で済みます。

クレジット出金は、入金のキャンセルとして扱われるので、入金額よりも多くは出金できないです。

入金よりも多い出金(利益分)は電子決済サービスと銀行送金だけ可能です。

利益の出金を考えると、電子決済サービス(ビットウォレット・STICPAYなど)を利用するのが一番賢い入金方法だと言えるでしょう。

 

海外FXは出金すると税金が知られてしまう可能性大

海外FXで税金がかかるタイミングは、正しくは「決済した」タイミングとなります。

ただ、決済しても海外の口座に資金があれば、日本の国税局に知られる可能性は低くなります。

国税局に見つかってペナルティーを受けるよりは、利益確定したタイミングでの税金計算にした方が得策です。

 

海外FX出金で手数料が安いのはクレジットカード

出金方法出金手数料
クレジットカード無料
ビットウォレット(電子決済サービス)無料(銀行へは824円の手数料)
STICPAY(電子決済サービス)0.3ドル+2.5%
ビットコイン無料(送金側の手数料800円~1000円)
銀行送金FX業者による(別途リフティングチャージ・受取手数料5,000円ほど)

出金手数料だけで見ると、クレジットカード出金は手数料が全くかからないためおすすめです。

しかし、クレジットカードは「入金のキャンセル」扱いとなるため、入金の時に貯まったポイントは消滅してしまいます。

総合的にはビットウォレットが一番おすすめで、出金手数料は824円で済みます。

 

海外FX出金で早いのはBitwallet(ビットウォレット)

出金方法出金スピード
クレジットカード数週間~1ヶ月ほど
ビットウォレット(電子決済サービス)即時~30分以内
STICPAY(電子決済サービス)即時~30分以内
ビットコイン即時~30分以内
銀行送金FX業者による(別途リフティングチャージ・受取手数料5,000円ほど)1日~3日ほど

出金を早くしたい人はビットウォレットで出金するのがおすすめです。

クレジットカードの出金は「入金のキャンセル」扱いのため、かなり時間がかかり、下手すると数ヶ月かかる報告もあります。

海外FXの出金は「入金と同じルートを使わなくてはいけない」というルールがありますので、ビットウォレットから入金するようにしましょう。

 

海外FX 利益の出金はBitwalletか銀行出金

出金方法出金限度額
クレジットカード入金額と同額まで
ビットウォレット(電子決済サービス)無制限
STICPAY(電子決済サービス)無制限
ビットコイン入金額と同額まで
銀行送金無制限

トレードで得た利益の出金はビットウォレットか銀行出金がおすすめです。

クレジットカードやビットコイン出金は「入金額と同じ額まで」となり、利益分を出金することができません。

ビットウォレットの方が手数料が安く、早く出金できるためおすすめです。

 

海外FX 1000万円・1億円以上の出金は銀行がおすすめ

海外FXで1000万円・1億円以上の利益が出て、高額出金する場合は出金が一番おすすめです。

ビットウォレットは1回あたり1万ドル(約110万円)までとなっているので、一度に大きく引き出したい時は銀行からが安く手数料が済みます。

通常のメガバンクや地銀などは、「確実に電話確認が入る」ため、ネット銀行で出金した方が良いと思います。

 

海外FXのクレジットカード(デビットカード)出金

クレジットカードのメリット

  • 簡単な手続きで出金出来る
  • 手数料が無料
クレジットカードのデメリット

  • 入金額と同額までしか出金出来ない
  • 入金から出金までの期間が長すぎると銀行送金扱いになる

クレジットカード出金は一番手軽で手数料が少ない方法ですが、入金額と同額までしか出金ができないので注意が必要です。

クレジットカードの出金は入金のキャンセル扱いとして出金されます

出金はキャンセル扱いのため、頻繁に入出金を繰り返すと、クレジットカード会社から拒否されてしまう可能性があります。

海外FXへの入出金は元々拒否している会社もあるため、使えるカードは限定的になります。

ちなみに、私はエポスカード(VISA)で入出金できています。

 

海外FXクレジット出金の着金スピードはかなり変動する

クレジット出金はクレジットカードの締め日・引き落とし日に影響するので、かなり変動してしまいます。

出金する前にクレジットがすでに引き落とされている場合、次の請求分から差し戻されることになります。

  1. 4月1日に10万円入金
  2. 4月30日締・5月10日引き落とし
  3. 5月1日に10万円出金申請
  4. 5月30日締・6月10日に10万円が差し戻される

このように、クレジット会社の締め日・引き落とし日に影響されるので、出金申請から差し戻されるまでの期間が1ヶ月以上開いてしまうこともあります。

 

海外FX業者のクレジット出金手数料

海外FX業者クレジットの種類手数料最低出金額
XMVISA・JCB無料500円
アキシオリーVISA無料(2万円未満は1,500円の手数料)1万円
タイタンFXVISA・マスター無料1円
FBSVISA無料(為替手数料がかかる)1ドル
FxProVISA・マスター無料1万円(100ドル)
ホットフォレックスVISA・マスター無料(為替手数料がかかる)5ドル
トレードビュー取り扱い無し
ランドFXVISA・マスター無料1万円(100ドル)
アイフォレックスVISA・マスター・ダイナーズ無料1万円

ほとんどの会社でクレジット出金が可能ですが、トレードビューだけ取り扱いが無いです。

クレジットの入出金はエラーが起こることが多いですが、会社によってはクレジット入出金を他社に委託していることもあり、エラーが起こりにくい業者もあります。

 

海外FX Bitwallet出金(ビットウォレット)

ビットウォレットのメリット

  • 無制限で出金できる
  • 他の海外FXへの入出金がしやすい
ビットウォレットのデメリット

  • ビットウォレット → 銀行への出金には手数料がかかる(824円)
  • ビットウォレットの登録が必要(1回だけ)
出金方法出金手数料出金限度額
ビットウォレット無料(銀行へは824円の手数料)無制限
STICPAY0.3ドル+2.5%無制限
Neteller(ネッテラー)日本円非対応
Skrill(スクリル)日本円非対応
OKPAY
Perfect Money
Webmoney

電子決済サービスはいろいろな種類がありますが、今、一番多く採用されているのがビットウォレットです。

手数料も安く、多くのクレジットカードに対応しているので、ビットウォレットが「海外FX業界で一番便利な電子決済サービス」になっています。

クレジットカード出金はできず、銀行振込となります。

ちなみにネッテラーとSkrillは現在は使用出来ません。Webmoneyも日本円非対応です。

電子決済サービスは「入金よりも多くのお金を出金できる」ので、海外FXで得られた利益の出金は電子決済サービスを利用することが多くなります。

ぜひ登録しておくと良いでしょう。

 

海外FX業者のBitwallet出金手数料

海外FX業者サービスの種類手数料最低出金額
XMビットウォレット無料500円
アキシオリービットウォレット無料(2万円未満は1,500円の手数料)1万円
タイタンFXビットウォレット無料110円
FBSビットウォレット無料(為替手数料がかかる)1ドル
FxPro取り扱い無し
ホットフォレックスビットウォレット無料1,000円
トレードビュービットウォレット
STICPAY
無料200円
1円
ランドFXSTICPAY無料5ドル
アイフォレックス取り扱い無し

多くの海外FX業者がビットウォレットと提携しています。

ビットウォレットにお金を入れておけば、他のFX業者への入金もスムーズです。

ビットウォレットには登録しておくと良いです。

 

海外FX銀行出金

銀行送金のメリット

  • 一定額以上は手数料無料(別途リフティングチャージ・受取手数料5,000円ほど)
  • 手続きが簡単で分かりやすい
銀行送金のデメリット

  • 手数料の他に別途リフティングチャージ・受取手数料5,000円ほどかかる
  • 金額が大きいと、銀行から確認電話が入ることがある
  • 海外送金の受け入れを行なっていない銀行は使えない

銀行送金は「リフティングチャージと受取手数料」がかかるため、手数料が無料であっても合計5,000円ほどの手数料がかかってしまいます。

  • リフティングチャージ:約2,500円(海外FX業者 → 中継銀行への送金手数料)
  • 国内銀行の受取手数料:約2,500円(中継銀行 → 国内銀行への送金手数料)

このように出金の時に手数料が多くかかるので、銀行送金はあまりおすすめ出来ない方法です。

 

海外FXの出金はソニー銀行と信SBIネット銀行が受取手数料がかからないのでおすすめ

銀行送金を使う場合は、ソニー銀行と信SBIネット銀行が受取手数料がかからないため、リフティングチャージのみで済みます。

利益が出た時は海外銀行送金を使うことが多くなるので、ソニー銀行か信SBIネット銀行を用意して置くと良いです。

 

海外FXの出金 ゆうちょ銀行や新生銀行は海外送金を受け入れていない

銀行の出金は海外送金を受け入れていない銀行には送金出来ないので注意が必要です。

海外送金を受け入れていない銀行

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • みずほ銀行【インターネット支店のみNG】

これらの銀行には出金出来ないので注意しましょう。

銀行の営業時間外や土日などは出金が出来ないので、急ぎの場合はやビットウォレットなどの電子決済サービスが良いでしょう。

 

海外FXの出金は銀行から電話が入る(ネット銀行は電話が入らない)

出金額が大きい場合は銀行から確認の電話が入ることがあります。

入金の理由を聞かれることがありますが「為替取引の利益」と素直に答えればOKです。

ネット銀行(住信SBIネット銀行やソニー銀行)などでは電話は入りませんが、ネット上で海外からの入金理由を聞かれます。

 

海外FX業者の銀行出金手数料

海外FX業者手数料最低出金額
XM無料(2万円未満は3,000円前後の手数料)1万円
アキシオリー無料(2万円未満は1,500円の手数料)1万円
タイタンFX1,700円2万円
FBS10ドル~24ドル1ドル(手数料を除く)
FxPro無料1万円
ホットフォレックス取り扱い無し
トレードビュー35ドル1万円(スタンダード口座)
10万円(ILC口座)
ランドFX45ドル(5万円未満は手数料10ドル)5万円(500ドル)
アイフォレックス10万円まで2,000円(10万円以上無料)1万円

多くのFX業者が銀行送金を扱っていますが、リフティングチャージ・受取手数料がかかるため、手数料が非常に高くなります。

ビットウォレットなどの電子決済サービスがあれば、そちらを使うようにしましょう。

 

海外FXのビットコイン出金

ビットコインのメリット

  • 手数料は無料が多い
ビットコインのデメリット

  • ビットコインの価格が常に変動している
  • 送金を間違えると資金を失う
  • 入金額と同額までしか出金できない

ビットウォレットなどの電子決済サービスの次に注目されている方法が「ビットコイン出金」です。

手数料も比較的安く出金スピードも早いため、電子決済サービスの次におすすめです。

送金アドレスを間違えると資金を失う可能性があるため、送金は慎重に行いましょう。

 

海外FX業者のビットコイン出金手数料

FX業者通貨の種類手数料最低出金額
XMビットコイン無料500円
アキシオリービットコイン無料(2万円未満は1,500円の手数料)1万円
タイタンFX取り扱い無し
FBS取り扱い無し
FxPro取り扱い無し
ホットフォレックスビットコイン・ビットコインキャッシュ無料5ドル
トレードビュービットコイン無料1ドル
ランドFX取り扱い無し
アイフォレックス取り扱い無し

ビットコイン出金は、取り扱い業者が少ないですが、手数料も安く、スピードも早いのでおすすめです。

電子決済サービスは、ネッテラーやスクリルのように、取り扱いが終了する可能性があるため、今後、メインの入出金方法になるかもしれません。

送金アプリのbitpayに登録しておいても良いでしょう。

事前にbitpayの登録をしておきましょう。

BitPay – Secure Bitcoin Wallet

BitPay – Secure Bitcoin Wallet

BitPay, Inc.無料posted withアプリーチ

 

海外FXの出金拒否・出金トラブル

海外FXで出金トラブルが多いのは、ランドFXやアイフォレックスなどのDD業者に多く見受けられます。

DD業者はルールが厳しいのもありますが、規則を守っていない場合、DD業者は出金拒否をする可能性があるので、取引する時は注意が必要です。

ボーナスを利用した両建て・スキャルピングなどは出金拒否になる可能性が高いので、止めておきましょう。

 

海外FX銀行出金でのトラブル

これは私の経験ですが、アキシオリーで出金トラブルになった経験があります。

アキシオリーはビットウォレットが使えないため、利益分を銀行出金で申請しました。

アキシオリー側の出金は完了したようですが、受取りの住信SBIネット銀行に着金せず、そのまま3ヶ月以上経ってしまいました。

今回の原因は途中の中継銀行で送金がストップしていて、最終的にアキシオリーに戻されました。

 

海外FX出金まとめ

出金方法おすすめ度手数料着金スピード
クレジットカード無料
電子決済サービス無料
銀行無料(別途リフティングチャージ・受取手数料5,000円ほど)
ビットコイン無料

海外FXでメインで使っている4種類の出金方法を紹介して来ました。

おすすめの出金順位
①:クレジットカード 使えるカードがあれば
②:電子決済サービス 一番安定していておすすめ
③:ビットコイン ビットウォレットの次におすすめ
④:銀行送金 リフティングチャージ・受取手数料が高額

FX業者によって、出金方法・手数料が違いますが、メインではこの順位で出金すると良いでしょう。

クレジットカードは入金額までしか出金できないので注意が必要です。

電子決済サービスは、過去にメインで使われていたネッテラーなどは日本の金融庁からの影響でサービスが終了し、今後、ビットウォレットなどもサービスがいつまで続くか分かりません。

その都度、最善の方法で出金をするようにしましょう。

入金方法もぜひ参考にしてください。

海外FXの入金方法、入金手数料、入金できない時の対処方法
海外FXの入金方法について紹介します。 海外FXの入金は出金のことを考える必要があります。入金できない時の対処方法、クレジットカード、デビットカード入金、銀行入金、入金手数料など、詳しく紹介して行きます。 銀行入金はソニー銀行がおすすめ、その他、デビットカードなど

当サイトではXMが総合的にバランスが良くおすすめしています。

 
【関連記事】

コメント