XMのゼロカット – ゼロカットされる理由とタイミング

xm ゼロカット

「XMって本当に追証がないの?」

「ゼロカットされるタイミングを知りたい」

「ゼロカットになることでデメリットってあるの?」

XMの「追証なしゼロカット」は国内FXをやってきた人(特に過去の金融危機を経験している人)にとっては非常に嬉しい仕組みですよね。

ただ、このゼロカットが本当に行われるのか?どのタイミングでゼロカットになるのか?知りたい人も多いと思います。

このページではXMのゼロカットされるのか、タイミングやデメリットについて検証して行きます。

実際にXMに問い合わせて確認しましたので、その回答も公開して行きます。

XMの登録はコチラ

関連記事:海外fxのゼロカット取引 – 追証なしのシステム

 

XMのゼロカットとは? XMが追証なしの理由

ゼロカット制度とは?
海外FXでは急な値下がりなどでマイナス残高になっても「XMがマイナスを肩代わりしてくれる」制度です。

マイナス残高になっても、それを0(ゼロ)にしてくれるので、追証になることがなく、借金になることもありません。

追証は普段の相場であれば、万が一マイナス残高になっても金額はたかが知れていると思いますが、〇〇ショックや〇〇危機のような暴落する相場では、追証請求額が〇千万円や〇億円になる人もいます。

今までの利益が「そのままマイナスが付いた額」になると言われ、天国が一気に地獄に変わる人もいます。

国内FXではこのような追証請求がありますが、XMでは「マイナス残高を0円まで補填してくれる」ので、万が一の暴落の時でも安心してトレードができます。

 
XMの追証なしゼロカット(ホームページより)

Q:入金額以上の損失を被る可能性はありますか?

A:いいえ、お客様が入金された金額以上を失うことはありません。特定の通貨ペアでスリッページが発生し口座残高がマイナスになりました場合には、新たにご入金頂き次第、マイナスが自動的に解消されます

公式サイトにも書いてある通り、XMでは「追証なしのゼロカット」を公表しています。

 
FX以外にもCFDなど全通貨ペアがゼロカットの対象

XMのゼロカットの対象はFXだけでなくCFDや仮想通貨を含めて全ての通貨ペアとなります。

商品先物や株価指数、貴金属やエネルギーなど、全てのマイナス残高がリセットされるので安心してトレードできます。

 

XMは過去にもゼロカットした実績がある

XMは過去にもゼロカットを実施した記録があり2015年のスイスフランショックの時もゼロカット対応をしています。

2015年1月20日にXMから来たメールにはゼロカットの約束をしています。

XMは、この度のEURCHF通貨ペアの異例な値動き等の混乱時には、特にお客様に対する当社の忠誠心の現れとして、こちらのマイナス残高の自動的な保護を継続していく所存です。

XMは過去の金融危機にもゼロカット対応をし、公式サイトでも公表しているので、今後の金融危機にも対応してくれます。

 

XMゼロカット(マイナス残高リセット)のタイミングをXMに直接問い合わせて聞いてみた

過去の実績や公式サイトに書かれているので問題ないと思いますが、ゼロカットのタイミングを知りたかったのもあり、XMに直接問い合わせてみました。

マイナス残高のリセット(ゼロカット)が行われるタイミングについては以下の回答です。

【XMのゼロカットに対しての回答】

現在のマイナス残高に対する運用ですが、通常はお客様が同口座へ次回ご入金頂く際に、マイナス残高の修正が自動的に行われます。

修正方法は、クレジットが残っていればそこから先ずは損失分を相殺し、それでもマイナスとなっている場合には「ゼロ」へ修正後、お客様のご入金を反映させて頂きます。

少し分かりにくいかもしれないので、ゼロカットの流れを順番に説明します。

  1. マイナス残高になる
  2. 同一口座に別ポジションが残っていれば、それで補填される
  3. 別ポジションで補填してもマイナス残高になる
  4. ボーナス(クレジット)が残っていれば、それで補填される
  5. ボーナスで補填してもマイナス残高になる
  6. 追加入金する
  7. マイナス残高が自動的に解消されてから追加入金される

このような流れになります。

他の海外FX業者では「マイナス残高になってら〇時間以内に自動で0になる」という業者もありますが、XMではマイナス残高が発生したタイミングではゼロカットにならず、「入金したらマイナス残高が解消されます」

「残高が0円になってから入金される」ので、入金した額がマイナスの補填に使われることはないので安心してください。

 

XMのゼロカットは別ポジションや別口座に影響があるのか?

【XMの回答】
また弊社の損益は1つの口座でのみ完結しますので、その他口座については関連致しておりません。
そのため例えば口座Aの損失が口座Bから補填されるということはございません。

XMのゼロカットは「同一口座のみ」が対象となるため、別口座のポジションがマイナス残高の補填に使われることはありません。

ただ同一口座の他ポジションは、ロスカットのタイミングで自動的にポジションが強制決済となり、マイナス残高の補填に使われます。

以前のTitanFXは「別ポジションもマイナス残高の補填に使われる」ルールでしたので、業者によって少しルールが違います。

(今はTitanFXも別口座のポジションは関係なくなりました)

 

XMのゼロカットはボーナスがあるとどうなるか?

【XMの回答】
修正方法は、クレジットが残っていればそこから先ずは損失分を相殺し、それでもマイナスとなっている場合には「ゼロ」へ修正後、お客様のご入金を反映させて頂きます。

ゼロカット対象になる口座にボーナス(クレジット)が残っていれば、ゼロカットになる前に自動的に補填されます。

ボーナスで補填してもマイナス残高になる場合は、次の入金で自動的にゼロカットになった後で入金されます。

 

XMゼロカットにデメリットはあるか?

「ゼロカットって良い話ばかりだけど、デメリットってないの?」と聞かれることがありますが、デメリットは特にありません。

あえてデメリットを言うと、〇〇ショックなどが起きた場合、XMがゼロカットのために補填する額は巨額になります。

XMは巨大会社なので十分な余剰資金はあるはずですが、もしゼロカットに必要な資金が払える金額よりも多い場合、XMは倒産する可能性もあります。

(以前、ゼロカットによって倒産した海外FX業者がありました)

もしXMが倒産した場合は、預けている資金が回収できるか?という問題になりますが、XMはAIG保険に100万ドルの損害保険に入っています。

もしゼロカットの執行によってXMが倒産しても顧客資金は1人あたり100万ドル(約1億円)まで補填されるので安心してください。

(1億円以上は補填されないと思うので、こまめに出金しておきましょう)

 

XMのゼロカットまとめ

XMのゼロカットについて紹介して来ましたが、XMは追証なしのゼロカット対応なので安心してトレードができます。

過去の金融危機でもゼロカットの対応をして来たことから、今後の金融危機でもゼロカットされる可能性は非常に高いです。

XMはレバレッジ888倍でハイレバトレードができるため、暴落した時のマイナス残高がすごいことになりそうですね。

レバレッジが高い会社ほど、このゼロカットシステムがあることで安心感が出るでしょう。

XMの登録はコチラ

 
【XM・ゼロカット関連記事】