XMのヒストリカルデータ – 過去データをダウンロードしてバックテストをする

xm ヒストリカルデータ

「XMからヒストリカルデータのダウンロードをしたい」

「過去のバックテストをしたい」

「長期のトレンド分析をしたい」

このようなEAの過去データをダウンロードしてバックテストをしたい人や、長期のトレンド分析をしたい人はヒストリカルデータが必要になります。

ここではMT4からヒストリカルデータをダウンロードする方法について紹介して行きます。

FXDDからヒストリカルデータをダウンロードする方法もありますが、MT4からやった方が簡単です。

(ただしヒストリカルデータの精度としてはFXDDからダウンロードした方が良くなります)

XMの登録はコチラ

関連記事:XMのMT4(MetaTrader4)のダウンロードからセットアップ・取引まで

 

XMのヒストリカルデータとは? EAのバックテストに使う過去データ

ヒストリカルデータは「過去のチャートの記録データ」のことで、EAの過去の取引履歴を検証する作業(バックテスト)のために使います。

過去のデータ通りに未来も動くわけではありませんが、長期間のヒストリカルデータは今後を予測するために非常に重要になります。

バックテストで「勝率はどのくらいか?」「年間の収益率はどれくらいか?」などを参考程度に把握しておきましょう。

バックテストは数値を調整できるので、そのEAに有利な成績を作り出すことが可能です。

バックテストは過信せずに参考程度にしておき、フォワードテストを重要視するのが良いです。

 

XMのヒストリカルデータのダウンロードする方法

それではMT4を使ってヒストリカルデータをダウンロードして行きましょう。

ダウンロードする前に、「ヒストリー内のバーの数を最大数に変更する」作業をします。

短期のヒストリカルデータであればデフォルト値でも良いかもしれませんが、長期の過去データの場合は、次で説明するバー数の変更を行なってください。

 

[XMヒストリカルデータ]ヒストリー内のバー数・チャートのデフォルト値を変更する

MT4からヒストリー内の最大バー数を変更して行きます。

ツール → オプション

MT4を立ち上げたら「ツール」→「オプション」をクリックしましょう。

 
チャート → ヒストリー内の最大バー数・チャートの最大バー数

オプション内の「チャート」を選択し、「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」を調整します。

画像にある2147483647が最大になりますが、適当に9を連打してOKを押すと、自動的に最大数になっています。

 
エキスパートアドバイザ → 自動売買を許可する

同じオプション内で「エキスパートアドバイザ」を選択し、「自動売買を許可する」と「DLLの使用を許可する」にチェックを入れましょう。

これでダウンロード前の設定は完了です。

 

[XMヒストリカルデータ]ヒストリーセンターの設定で、通貨ペアと時間足を決めてダウンロード

希望の通貨ペアのヒストリカルデータをダウンロードして行きましょう。

以前はFXDDなどのサイトからデータを引っ張っていましたが、今はMT4内で完結できるので、とても簡単になりました。

ツール → ヒストリーセンター

MT4から「ツール」→「ヒストリーセンター」をクリックします。

 
通貨ペアと時間足を選択してダウンロード

検証したい通貨ペアを選択し、時間足を選んだら「ダウンロード」をクリックします。

 

「ダウンロード・アラート」が表示されますが、OKをクリックして先に進みます。

「ヒストリーセンター」のデータはあくまでメタクオーツ社のヒストリカルデータとなり、XMのデータとは少し違う場合が出て来ます。

ヒストリカルデータをダウンロードする前と後ではチャートデータが少し変わる可能性があります。

 
ダウンロードできたか確認

ダウンロードが完了すると上のデータベストに「〇〇レコード」のように数字が入ります。

これでヒストリカルデータのダウンロードが完了です。

 

XMのヒストリカルデータまとめ

XMのヒストリカルデータのダウンロード方法について解説して来ました。

  • ヒストリー内の最大バー数・チャートの最大バー数の変更
  • 通貨ペアと時間足を選択してダウンロード

この2ステップですので、とても簡単にヒストリカルデータをダウンロードすることができます。

ヒストリカルデータを使ってEAのバックテストやトレンド分析に活用してください。

XMの登録はコチラ

 
【XM関連記事】