XMの口座開設方法と流れを分かりやすく画像と共に解説(必要書類と注意点も)

XM 口座開設

このページではXMの口座開設方法を紹介して行きます。

「XMの口座開設方法を知りたい」、「XMの口座開設で注意点を知りたい」、「口座開設が上手くできないので解決したい」こんな人はこのページで解決できます。

XMの口座開設の手順は図解付きで説明して行きます。

XMのメリットとデメリットをまとめたページはコチラを参考にしてください。

XMの評判 主な特徴とメリット・デメリットを解説
XMがどんな評判、口コミを集めているのか?たっぷり紹介して行きます。 ブログ、Twitter、2ch(2ちゃんねる)や海外の評判サイトFPAなど、XMがどんな評価なのか、しっかり検証して行きます。 その他、XMのメリット、デメリット、特徴を紹介して行きます。

XMの登録はコチラ

 

XMで口座開設すると3000円がもらえる

XMではどの口座を開設しても3000円のボーナスが無条件でもらえるキャンペーンを行なっています。

1人1回限りの条件となりますが、口座開設だけでボーナスをもらえる海外FX業者は少ないです。

口座開設したら必ずゲットするようにしましょう。

 

XMの口座開設にかかる時間・日数

口座開設にかかる時間はリアル口座で約1日(実際の入力時間5分)・デモ口座で3分ほどです。

【リアル口座】約1日

  • フォームの入力:2分
  • メールの確認:30秒
  • 本人確認書類のアップロード:1分
  • 審査:1日以内(土日休み)
  • MT4のインストール:2分
【デモ口座】3分

  • フォームの入力:1分
  • メールの確認:30秒
  • MT4のインストール:2分

リアル口座を開設している間に、デモ口座で取引して練習することも可能です。

XMは土日休みとなるため、土日の口座開設には時間がかかります。

営業時間内であれば数時間で口座開設が可能です。

 

XM 口座開設の審査は甘い

XM口座開設の審査は基本的にどんな人でも通ります。

収入のない無職の人でも審査に通ります。

しかし、過去に海外FXで不正行為をしている人や18歳未満の人は審査には通らないので注意しておきましょう。

 

XMの口座開設はスマホでもOK

XMの口座開設はパソコンだけでなくスマホ(iPhoneなど)でも出来ます。

ただ、住所などの入力は英語になるので、パソコンで翻訳ソフトなどを使って入力して行く方が楽に進むため、パソコンの方が便利です。

 

XM 口座開設方法・手順

ここからはXM口座開設の流れ・手順を紹介して行きます。

スクリーンショットも載せておきますので、画像を見ながら進みましょう。

 

XM 口座開設は日本語の公式ホームページから

XMの口座開設は「日本語の公式ホームページ」から登録しましょう。

XMには海外「XM.com」というサービスもありますが、ここでは日本向けの「XMTrading.com」で登録して行きます。

XMの登録はコチラ

XMの口座開設は基本的に英語で入力して行きます。

 

XMの口座開設 電話番号は国番号を入れる

最初の「個人情報」の欄で電話番号を聞かれます。

国内のように「090-△△△△-××××」ではなく、国番号も含めて入力します。

国番号を入力する時は、番号の最初の0は省いて入力します。

例:090-△△△△-××××の場合 → 8190△△△△××××と入力する

 

XMの口座開設 MT4・MT5を決める

XMの取引プラットフォームはMT4とMT5の2種類があります。

MT4に慣れた人はMT4が良いですが、できれば新しい方のMT5にしましょう。

MT4の方がインジケーターやEAなどたくさん種類がありますが、旧式となるため、動作も遅く時間足の数も少ないです。

MT4 MT5
時間足 9種類 21種類
ナビゲーターウィンドウ フォルダを作れない 任意でフォルダを作れる
動作 MT5より遅い MT4より速い
気配値ウインドウ 通貨ペア・ティックチャートのみ 詳細やプライスボードも見れる
インジケーターの移行 互換性なし
アップデート 2017年以降のアップデートなし 2018年以降もアップデート継続中
インジケーター 種類が多い 種類が少ない
メモリ使用量 少ない 多い
取扱い業者 多い 少ない

特定のインジケーターを使いたい人はMT5に取扱いがあるか調べてから決めた方が良いです。

 

XMの口座開設 口座タイプは3種類

XMの口座タイプはマイクロ口座、スタンダード口座、ゼロ口座の3種類があります。

XMの口座タイプ

おすすめ マイクロ口座
1ロットが1000通貨で少額投資向け。スタンダード口座とボーナスは同じ
一般 スタンダード口座
1ロット10万通貨の通常口座。ボーナスが多いのが特徴
上級者 ゼロ口座
ボーナスは口座開設の3000円のみ。スプレッドが狭い口座

後から別口座の追加が可能ですので、迷ったらマイクロ口座に登録しておきましょう。

 

XMの口座開設 住所の書き方(英語で入力)

住所はローマ字で入力しますが、海外では住所を逆から入力して行きます。

例:東京都港区麻布十番1-2-3

1-3-3, Azabujuban, Minato-ku, Tokyo, 106-0045, Japan

住所をローマ字に変換してくれるサイトもあります。

住所ローマ字変換サイト

 

XMの口座開設 基本通貨はJPY

基本通貨はJPY(日本円)を選択しましょう。

海外在住の方などは別の通貨にしても問題ありません。

 

XMの口座開設 レバレッジは888倍(ゼロ口座は500倍)

XMのレバレッジ一覧
1倍 2倍 3倍 5倍 10倍 15倍
20倍 25倍 50倍 66倍 100倍 150倍
200倍 300倍 400倍 500倍 888倍

レバレッジは1倍~888倍の17種類から選択することが出来ます。(Zero口座は1倍~500倍の16種類)

基本的には一番レバレッジの高い888倍を選ぶのがおすすめです。

国内FXと同じ25倍のレバレッジでトレードしたい人は25倍を選択しても構いませんし、スワップポイント狙いであれば2倍、3倍を選択することも可能です。

レバレッジは後から変更可能ですので、そこまで真剣にならなくてもOKです。

 

XMの口座開設 投資家情報

次は投資に関する質問は正直に答えましょう。(審査には特に影響しないので大丈夫です)

投資額・取引の目的および性質・雇用形態・学歴・所得総額・純資産の6項目について聞かれます。

  • 投資額:投資予定の額(米ドル額で)
  • 取引の目的および性質:投機・ヘッジング・投資・リスク管理・分散
  • 雇用形態:被雇用者(サラリーマン・アルバイトなど)・自営業・学生・退職者・無職
  • 学歴:中学・高校・学士(大学)・修士・博士・それ以外
  • 所得総額:収入の額を米ドル額で
  • 純資産:投資できる金額を米ドル額で

これで一旦、入力は終了です。

XMからメールが来るのを待ちましょう。

 

XMの口座開設 有効化する

XMからメールが来たらログインしましょう。

マイページから「こちらより口座を有効化する」をクリックします。

 

XMの口座開設 マイナンバーを入力

マイナンバー「納税者番号(TIN)」を入力して「送信」をクリックします。

「後で知らせる」を選択しても特に問題ありません。

 

XMの口座開設 必要書類(本人確認書類・住所確認書)

本人確認書類(身分証明書)と住所確認書をアップロードしましょう。

本人確認書類

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住基カード(写真付き)
  • 外国人登録証/在留カード
  • 障害者手帳

住所確認書

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 公共料金請求書/領収書(電気・ガス・水道など)
  • 電話料金明細書/領収書
  • クレジットカード明細書
  • 銀行支払い明細書
  • 住民票
  • 納税書類

住所が載っている書類

身分証明書と住所確認書との併用はできないので、2つは必要となります。

公共料金の請求書などは、6ヶ月以内のものが必要です。

これで口座開設の手順は全て終了です。

 

XMの口座開設は銀行の登録は必要なし

XMの口座開設時には銀行の登録は必要ありません。

出金の時に銀行の登録が必要になります。

 

XM 口座開設の注意点

XM口座開設の注意点について紹介します。

海外FXは国内FXとは少し勝手が違ってきますので、覚えておきましょう。

 

XMの口座開設 年齢は18歳以上(未成年でも可能)

XMの口座開設は18歳以上であれば登録可能です。

18歳以上であれば未成年(高校生・大学生)でも登録可能です。

 

XMの口座開設は無職でも可能

XMの口座開設には無職の人でも特に問題ありません。

主婦の人でもOKです。

 

XMの口座開設 土日は休み

XMは基本的に土日休み(現地時間)のため、口座開設が土日の場合は審査結果が遅くなります。

平日の営業時間中であれば、1日以内に審査結果の連絡がきます。

 

XMの口座開設 複数口座は後から追加OK

XMは口座開設すると、別口座の追加は簡単にできます。

最大8口座まで追加できるので、マイクロ口座、スタンダード口座の人はゼロ口座も作って低スプレッドでトレードしましょう。

ボーナスは1人1回までとなるため、別口座を作ってもボーナスは増えません。

ちなみに、マイクロ口座・スタンダード口座からゼロ口座に資金移動すると「ボーナスは消滅」するため注意しましょう。

 

XMで口座開設しても90日取引がないと凍結する

XMで口座開設しても、90日間トレードがないと口座凍結となります。

残高が残っている状態だと、90日で休眠口座となり、毎月手数料5ドルが引かれて行きます。

MT4にログインしてトレードすれば、口座はすぐ復活となります。

休眠口座の解消は「トレード」が条件となるので、資金移動などでは解消されません。

0.01ロットでも良いのでトレードしましょう。

休眠口座は残高が無くなると口座凍結に変更されます。

 

XMの口座開設 デモ口座

XMのデモ口座は練習用の口座で10万ドル(約1100万円)の仮想残高でトレードすることが出来ます。

基本的な仕様はリアル口座と同じなので、練習用としてトレードしてみましょう。

 

XMの口座開設 デモ口座は5口座まで追加できる

XMのデモ口座は5口座まで追加できます。

もし10万ドルの仮想残高を使い果たしたら、追加口座を作ることによって、再度10万ドルの残高となります。

デモ口座の仮想残高はリセットすることができないため、追加口座によって補いましょう。

 

XMの口座開設 デモ口座はスタンダード口座とゼロ口座のみ

デモ口座はスタンダード口座とゼロ口座しかなく、マイクロ口座には対応していません。

(マイクロ口座とスタンダード口座は仕様は同じのため)

 

XMの口座開設 法人の場合

XM口座開設は法人の場合でも「個人と全く同じ」となります。

口座開設方法も同じで、トレード条件も全く同じです。

ほとんどの個人や法人トレーダーは「リテール顧客」という分類に振り分けられますが、機関投資家はプロ顧客、大口の顧客は適格取引先に登録されます。

この顧客区分はXMのコンプライアンス上の問題だけであって、取引条件は何も変わらないので気にしなくてOKです。

 

XMの口座開設でよくある質問

XMの口座開設でよくある質問です。

 

XMの口座開設 海外在住の場合

XM(XM Trading)にはアメリカとカナダ以外の海外在住者は口座開設が可能です。

アメリカとカナダ在住者はXM(XM.com)の方への登録が必要になり、言語は英語になります。

内容はXM.comもXMTradingも同じです。(ライセンスだけ違います)

 

XM.comの口座開設方法

アメリカとカナダにお住まいの方はXM.comへの口座開設が必要になります。

基本的な仕様は日本語のXM(XM Trading)と同じですが、全て英語となり、日本語のサポートはありません。

XM.com

 

XMが口座開設ができない(メールが来ない)

口座開設ができない時はこれらの原因が考えられます。

  • 口座開設フォームに正しい情報が入力されていない
  • 過去に禁止行為などでブラックリストに載ってしまった
  • 既に口座開設を行なっている
  • 提出書類の内容が間違っている
  • 提出書類が見にくい・写っていない部分がある

 

XMの口座開設は郵送は必要なし

XMの口座開設では郵送は一切なく、全てがネット上でのやり取りとなります。

もし家族に内緒でXMの口座開設をしたい場合でも安心して大丈夫です。

 

XMの口座開設で詐欺になることがありますか?

XMの口座開設は、「IB業者」というXMを宣伝している業者がいます。

一部のIB業者を通じて口座開設すると、通常もらえるはずのキャッシュバックが受けられない詐欺があるようです。

「●●PLUS」や「●●お役立ちガイド」など

当サイトでは正しくキャッシュバックを受けられる業者を紹介していますが、一部の詐欺業者がいることを覚えておきましょう。

 

XMの口座開設まとめ

XMの口座開設方法や注意点などを紹介して来ました。

一部、英語を使うことがあるため、初めての人は少し戸惑いがあるかもしれません。

ただ、翻訳ツールなどを使い、スクリーンショットを見ながら進めて行けば問題なく口座開設できると思います。

XMは非常に優秀な海外FX業者ですので、必ず登録しておきましょう。

XMの登録はコチラ

 
【XM関連記事】

コメント