XMの確定申告と税金 – 手順と必要書類

xm 確定申告

「XMの税金の計算方法を知りたい」

「確定申告の必要書類や書き方を教えてほしい」

「年間取引報告書の出し方はどうすれば良いの?」

このようなXMの確定申告や税金について解説して行こうと思います。

XMは海外FXとなるため、国内FXとは税金の区分が違い、計算の仕方も変わって来ます。

税金の計算方法、税金対策、確定申告の方法など、詳しく解説して行こうと思います。

XMの登録はコチラ

 

XMの確定申告が必要な人と確定申告の条件

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得にかかる税金の額を計算して、税務署に確定申告書を提出して、申告・納税を行う手続きです。

毎年、2月16日から3月15日が確定申告の時期になります。

サラリーマンや公務員等の給与所得者は、会社が年末調整の手続きをしてくれるため、別所得がない場合であれば個人で確定申告する必要はありません。

しかし、XMで一定の利益が出ている人は、サラリーマンであっても確定申告をしなければなりません。

XMは「海外FX」となり、国内FXとは税金の区分や計算方法が変わって来ます。

初めて海外FXの確定申告する人は、失敗のないように早めに準備しておきましょう。

XMの確定申告の方法を詳しく解説していきます。

 

[XMの確定申告]サラリーマンは利益20万円から確定申告が必要

サラリーマン(給与所得者)の場合は「XMの年間利益が20万円以上」で確定申告が必要になります。

給料以外で稼いだお金(利益)が20万円未満であれば、確定申告する必要はありません。

サラリーマンは前述したように会社で年末調整を行い、年間の所得額や税額が記載された「源泉徴収票」を年末または年初に発行します。

確定申告を行う時は、この源泉徴収票も必要になりますので、保管しておいてください。

アルバイト・パートでも給与所得者となり、サラリーマンと同じ条件になります。

サラリーマンの人は会社で「源泉徴収」をしているため、確定申告の際には、会社から天引きされた所得税を差し引いた額が実際の「納税額」になります。

 

[XMの確定申告]個人事業主は利益38万円から確定申告が必要

一方で個人事業主の場合は「XMの年間利益が38万円以上」で確定申告が必要です。

サラリーマンよりも「無申告OK」の金額が多いのが特徴です。

個人事業主の他、フリーランスや専業主婦もこの枠組みに該当します。

学生はアルバイトをしていなければ個人事業主扱いになります。

 

XMの税金は雑所得の累進課税

国内FXと海外FXの税金は、課税方法や税率が次のように異なります。

国内FX:雑所得 申告分離課税(税率は一律20.315%)
海外FX:雑所得 累進課税(税率は利益に応じて15%~55%)

どちらの収益も「雑所得」というカテゴリーですが、国内FXは「申告分離課税」という他の所得とは分離して税額を計算して、確定申告を行う方法がとられます。

海外FXの「累進課税」というのは、課税対象が増えるほど高い税率を適用するというものです。

税率が異なるため、海外FXと国内FXとの間で損益通算はできません。

例えば国内FXの収支がマイナスだったとても、海外FXで条件に該当する収益があった場合は、確定申告が必要という訳です。

しかし、他社の海外FXや仮想通貨などの取引も損益通算ができます。

例えばXMで500万円の収益かあり、海外FX他社で100万円の損失、仮想通貨で200万円の損失があった場合は、確定申告で課税対象となるのは、

XM500万円 - 海外FX他社100万円 - 仮想通貨200万円 = 200万円 となります。

XMとの収益と損益通算できる収入には、次のようなものがあります。

  • 他社の海外FX口座
  • 原稿料・講演料・印税
  • アフィリエイトの収益
  • ネットオークションの売り上げ

ただし、海外FXは前年度の損失を繰り越して計上できないので気をつけてください。

 

XMの税率と税金の計算方法

XMの所得金額に対する税率と控除額を次のようになります。

所得が高くなるほど、税率が上がっていきます。

所得金額税率控除額
195万円以下15%0円
195万円超~330万円以下20%97,500円
330万円超~695万円以下30%427,500円
695万円超~900万円以下33%636,000円
900万円超~1,800万円以下43%1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下50%2,796,000円
4,000万円超~55%4,796,000円

所得税(5%~45%)・住民税(10%)の合算

【海外FXの税金の計算(ざっくり)】
海外FXの利益-経費=個人所得となり、税金の対象となる

海外FXの年間利益:500万円
経費:50万円
FX利益500万円 – 経費50万円 = 450万円(所得金額)
(450万円 × 税率30% – 控除額427,500円)× 1.021%(復興特別所得税2.1%を加算)= 941,872円

年間の個人収入金額は、XMの収益だけではなく、全ての収入が対象になります。

サラリーマンなら給与も計算に含めてください。

XMでドル建て口座を保有していて、収益がドルで上がっている場合は、円に換算して確定申告します。

所得税法基本通達では、どの時点の為替レートを使用するかが定められています。

「外貨建取引の換算の規定に基づく円換算は、その取引を計上すべき日における対顧客直物電信売相場(TTS)と対顧客直物電信買相場(TTM)の仲値による」

つまり、取引を行ったその日のレートで円に換算するという事になります。

(ドル建ての場合は、青色申告以上になると仕訳の関係で計算がめちゃくちゃ面倒になります。出来るだけ円建てにしましょう)

 
XMの税金は利益に対してのみかかる

XMの税金で注意したい点は「決済が完了した収益のみ」が課税の対象となる所得になります。

ポジション保有中の「含み益」は、まだ収益として計上されていない事になります。

XMの「ボーナス」は基本的には出金できないため、税金の対象にはなりません。

(トレードコンテストなどの利益がある場合は一時所得の扱いになります)

 
売上から経費を引く

年間の個人収入金額を算出したら、そこから必要経費を引きます。

海外FX取引で必要経費として計上できるものは次の通りです。

  • 海外FX取引に関する本や雑誌、情報商材/li>
  • セミナー費用(交通費も計上可)
  • 取引に使用する自動売買EA
  • VPS費用
  • パソコン代(使用する割合に応じて)
  • スマホ代金、通信費(一部なら経費にできる
  • XMのZero口座の取引手数料

パソコンに関しては、パソコン購入費の100%ではなく「どれくらい海外FXに使っているか?」の割合(按分)で試算します。

スマホはプライベートの割合も多いと思いますが、毎日トレードしていれば10%~20%ほど経費にすることが可能です。

(スマホ購入代金、毎月の通信費)※電話代は経費にできません

その他、海外FXに関して使った経費の領収書は保管しておくようにしてください。

 
生命保険料控除などを引く

年末調整でもしている作業だとは思いますが、生命保険や個人年金などの保険料の額によって控除額が変わります。

サラリーマンの人は会社に控除証明書を毎年提出していると思いますが、年末調整の紙に「控除額」が記載されているはずです。

 
税金の計算には特別復興所得税2.1%がかかる

税金を計算したら、最後に特別復興所得税2.1%を加算する必要があります。

特別復興所得税は、2013年から2037年まで確定申告の際に納める事になっています。

 

XMの確定申告は翌年2月16日~3月15日中に提出

確定申告は、収入があった翌年の2月16日~3月15日中に税務署で済まさなければなりません。

3月15日を過ぎても確定申告書は受理してもらえますが、期日に遅れた場合は「期限後申告」になります。

「期限後申告」は、税延滞税(最大14.6%)などが、本来の納税額に加算されてしまう事もあるので注意しましょう。

ただし、次の要件を全て満たしている場合は、税延滞税は課されません。

  • 確定申告の期限後、1ヶ月以内に自己申告をしている。
  • 確定申告の期限内に納税を済ませている。
  • 過去5年間に期限後申告がない。

確定申告の時期は税務署は非常に混雑します。

受付がスタートしたら、できるだけ早く申告に行きましょう。

 

XMの確定申告に必要な書類

XMの確定申告には、確定申告書の他に、さまざまな書類や証明書が必要です。

2月、3月になって慌てる事のないよう、早めに揃えておきましょう。

 

XMの確定申告は源泉徴収票、経費の領収書、控除証明書が必要

XMの確定申告には、次のようなものが必要です。

  • マイナンバーカード(または通知カード)
  • 源泉徴収票(給与所得者のみ)
  • 各種控除証明書(社会保険料控除・医療費控除・住宅ローン控除)
  • 経費の領収書 ※提出義務なし
  • 年間取引報告書(年間損益報告書)※提出義務なし

各種控除証明書は確定申告をする前年の12月に、各機関から自宅に発送されています。

手元にないという人は、問い合わせをするなどして再発行してもらいましょう。

経費の領収書や年間取引報告書は提出義務はありませんが、税務署が入った時に必要になります。

白色申告の場合5年、青色申告の場合7年が保管期間として定められています。

 

XMのMT4から年間取引報告書をダウンロードする

年間取引報告書はMT4・MT5からダウンロードできます。

①MT4のターミナルウィンドウから口座履歴をクリック

MT4を開いて下の「ターミナルウィンドウ」から「口座履歴」をクリックします。

(ターミナルウィンドウが表示されていない人は上の「表示」→「ターミナル」で表示することができます)

 
②右クリックで期間のカスタム設定

ターミナルウィンドウのどこかで「右クリック」をするとメニューが出るので「期間のカスタム設定」をクリックします。

 
③期間を前年の1月1日~12月31日で設定

期間は1月1日~12月31日で設定します。

 
④右クリックでレポートの保存

続いてターミナルウィンドウのどこかで「右クリック」をしてメニューを開き、「レポートの保存」をクリックします。

 
⑤年間取引報告書が発行されます。

保存すると「Statement」というhtmファイルが作られ、このような年間取引報告書が表示されます。

これを印刷したり保存して取っておきましょう。

 
⑥1年の損益はクローズドトレードP/L(Closed Trade P/L)

1年間の損益は下の方にある「クローズドトレードP/L」となります。

この金額がXMで上げた1年間の利益になります。

 

XMの確定申告手順と書き方

ここからは確定申告の手順と書き方を説明して行きます。

XMの確定申告は手書きで提出することも可能ですが、国税庁のホームページから入力するのが便利です。

税金の計算も自動でやってくれます。

今回は国税庁のホームページを元に解説して行きます。

国税庁 確定申告書等作成コーナー

 
①国税庁のホームページ→作成開始

国税庁の確定申告書等作成コーナーから「作成開始」を選択します。

 
②e-Taxがない場合は「印刷して書面で提出」を選択

e-Taxでない人でも「印刷して書面提出する」を選択することができます。

今回はコチラでやって行こうと思います。

 
e-Taxがある場合

e-Taxがある場合は「e-Taxで提出する」を選択しましょう。

 

e-Taxは【マイナンバーカード方式】での提出方法と【ID・パスワード方式】での提出方法の2種類があります。

【ID・パスワード方式】での提出は、事前に国税庁でe-Taxの登録が必要になります。

本人確認資料を持っていくと、税務署職員が本人確認を行います。
本人確認後、「ID・パスワード方式の届出完了通知」が発行され登録完了。
確定申告の期間中、税務署などに設置されている確定申告書等作成コーナーでのみ利用できます。

 
③所得税をクリック

申告書は「所得税」の申告書になります。

決算書・収支内訳書、消費税、贈与税ではありませんので覚えておきましょう。

 
④左記以外の所得のある方をクリック

赤色の「左記以外の所得のある方」を選択します。

XMは海外FXで「雑所得」の申告となります。

 
⑤青色申告者は、申告の種類を選択して、生年月日を入力

青色申告の人はチェックを入れましょう。

個人事業主登録していなければ白色申告となり、チェックは不要です。

生年月日を入力します。

 
⑥サラリーマン(会社員)の方は、給与所得を入力する

サラリーマンの人は源泉徴収票を元に「給与所得」を入力しましょう。

 
⑦源泉徴収票の内容を入力

源泉徴収票に書いてある番号を元に、項目を入力して行きます。

 
⑧雑所得のその他(海外FXの税金)をクリック

次にXMで得た利益を入れて行きます。

雑所得の「その他」を入力します。

 
⑨上記以外(報酬等)をクリック

上記以外(報酬等)をクリックします。

 
⑩海外FX業者の名称と住所を英語で入力+収入金額と経費も入力

・種目:証拠金取引
・名称:XMの事業者:Tradexfin Limited
・場所:XMの住所:F20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
・収入金額:MT4で出力したクローズドトレードP/L(Closed Trade P/L)を記入
・必要経費:(複数ある場合は売上から均等に分散して入力しましょう)

 
⑪控除を入力する

控除がある場合は控除お入力します。

ふるさと納税は「寄付金控除」となります。

家族のいる方は「配偶者控除」や「扶養控除」も入力しましょう。

 
⑫納税金額を確認

入力が全部終わると、納税額を自動的に算出してくれます。

金額を確認したら「次へ」をクリックします。

「何か間違っているな…?」と思ったら戻って確認しましょう。

 
⑬氏名・職業等を入力

氏名や電話番号など入力します。

屋号がない人は適当に書いておけばOKです。

 
⑭住所等を入力

住所などを入力します。

提出年月日は「提出しようと思っている日」を適当に書けばOKです。

 
⑮マイナンバーを入力

マイナンバーを入力します。

 
⑯「帳票表示・印刷」をクリック

入力はこれで終了です。

すべてにチェックが入った状態で「帳票表示・印刷」をクリックします。

 
⑰会社にばれたくない人は「自分で納付」に丸を打つこと

住民税を「給与からの差引き」にしてしまうと、確定申告した年の住民税の額が会社に知られてしまうことになります。

住民税の額で副業していることが分かってしまうので、知られたくない方は、「自分で納付」を選びましょう。

 
⑱必要書類を貼り付けて税務署へ送る(持ち込みOK)

最後に必要書類を貼り付けて、お近くの税務署へ郵送します。

税務署に直接持ち込んでもOKです。

これを2月16日~3月15日までに必ず行いましょう。

 

XMの確定申告まとめ

XMの税金と確定申告について解説して来ました。

XMは海外FXになるため、所得税が「累進課税」となり高めになります。

もし年間利益が1000万円を超える場合は法人化も検討するのがおすすめです。

経費はやり過ぎない程度に最大限やるのがおすすめです。

収入が多くなったら税理士と契約して、税金対策をしっかりとやりましょう。

XMの登録はコチラ

 
【XM・キャッシュバック関連記事】