XMの手数料は高い? XMのZero口座の手数料を比較

xm 手数料

「XMの手数料ってどれくらいかかるの?」

「他の海外FX業者と比べてXMの手数料はどうなの?」

「XMの手数料を安く抑える方法はある?」

XMのZero口座ではスプレッド以外にも「取引手数料」がかかります。

今回はXMの取引手数料がどれだけかかるのか?他の業者との比較、手数料を安く抑える裏ワザについて紹介して行きます。

XMは取引手数料が高めなので、裏ワザを上手に活用して安く抑えましょう。

XMの登録はコチラ

関連:XMのスプレッド – 平均スプレッド一覧と計算

 

XMで手数料がかかるのはZero口座のみ

スタンダード口座マイクロ口座Zero口座
スプレッド広い広い狭い
取引手数料かからないかからない10ドル/1ロット往復

XMのスタンダード口座とマイクロ口座はスプレッドのみで、取引手数料はかかりません。

しかしZero口座は「スプレッド+取引手数料」がかかるので、ダブルの手数料がかかります。

Zero口座の取引手数料は「1ロット往復で10ドル」となり、pips換算で1.0pipsの手数料がかかります。

 

XMの手数料を入れてもZero口座の方が取引コストが安くなる

マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
取引手数料1.0pips(往復10ドル)
USDJPY(ドル円)1.6pips1.6pips1.1pips(0.1pips)
EURJPY(ユーロ円)2.6pips2.6pips1.6pips(0.6pips)
GBPJPY(ポンド円)3.5pips3.5pips2.1pips(1.1pips)
AUDJPY(豪ドル円)3.0pips3.0pips1.8pips(0.8pips)
EURUSD(ユーロドル)1.6pips1.6pips1.1pips(0.1pips)
GBPUSD(ポンドドル)2.3pips2.3pips1.4pips(0.4pips)

※Zero口座のカッコ内はスプレッドのみ。左側はスプレッド+取引手数料の合計

口座タイプごとのスプレッド+取引手数料を表にしました。

Zero口座は取引手数料を足してもスタンダード口座やマイクロ口座よりもスプレッドが狭いです。

Zero口座のスプレッドは、他の海外FX業者よりもかなり狭い設定になっていますが、1ロット10ドルの手数料がなかなかキツイ印象があります。

XMでトレードを頻繁にするデイトレードやスキャルピングをする時はZero口座が一番おすすめです。

 

XMの手数料を他の海外FX業者と比較

ゼロ口座TitanFXAxioryLAND-FXiFOREX
USDJPY1.1pips
(0.1pips)
1.03pips
(0.33pips)
1.0pips
(0.4pips)
1.6pips
(0.9pips)
0.9pips
EURJPY1.6pips
(0.6pips)
1.44pips
(0.74pips)
1.3pips
(0.7pips)
2.3pips
(1.6pips)
1.2pips
GBPJPY2.1pips
(1.1pips)
2.15pips
(1.45pips)
1.5pips
(0.9pips)
1.7pips
(1.0pips)
2.5pips
AUDJPY1.8pips
(0.8pips)
1.82pips
(1.12pips)
1.5pips
(0.9pips)
1.2pips
(0.5pips)
3.0pips
EURUSD1.1pips
(0.1pips)
1.0pips
(0.4pips)
1.6pips
(0.9pips)
2.0pips0.9pips
GBP/USD0.9pips
(0.2pips)
1.27pips
(0.57pips)
1.0pips
(0.4pips)
1.2pips
(LPボーナス口座)
1.5pips
AUD/USD1.6pips
(0.6pips)
1.22pips
(0.52pips)
1.0pips
(0.4pips)
0.9pips
(0.2pips)
1.5pips

XMのZero口座と他の人気海外FX業者とのスプレッドと手数料を比較しました。

低スプレッドのAxioryやTitanFXにわずかながらトータルコストが負けています。

海外FX業者の全体的なスプレッド+取引手数料を考えると、XMのZero口座の取引コストは「中の中」くらいです。

広くはありませんが、狭いという感じでもないです。

XMはスプレッドは狭いですが、取引手数料が高いので、それがネックになっています。

 

XMの手数料を抑える裏ワザ

XMの取引手数料10ドルを抑えるには「キャッシュバックサイト経由でXM」に登録するのがおすすめです。

キャッシュバックサイトとは「IB業者」とも言われ、海外FX業者の代理店のようなものです。

キャッシュバックサイト経由でXMに登録した場合、取引手数料の一部が戻って来ます。

(追加口座でもOKなので、既にXMに登録している人でも大丈夫です)

今回は、一番キャッシュバック率が高いTariTaliを使って、キャッシュバックを考慮した「実質取引コスト」を計算して行きます。

ゼロ口座TariTaliキャッシュバック実質取引コスト
USDJPY(ドル円)1.1pips(0.1pips)-0.4pips0.7pips
EURJPY(ユーロ円)1.6pips(0.6pips)-0.4pips(4ドル)1.2pips
GBPJPY(ポンド円)2.1pips(1.1pips)-0.4pips(4ドル)1.7pips
AUDJPY(豪ドル円)1.8pips(0.8pips)-0.4pips(4ドル)1.4pips
EURUSD(ユーロドル)1.1pips(0.1pips)-0.4pips(4ドル)0.7pips
GBPUSD(ポンドドル)1.4pips(0.4pips)-0.4pips(4ドル)1.0pips

このようにキャッシュバックサイトを経由してXMに登録することで、Zero口座は4ドル(0.4pips分)のキャッシュバックがあります。

(スタンダード口座は8ドル)

XMは取引手数料が高いですが、口座開設ボーナスが付いたり、入金や出金の敷居が低いなど、何かと便利の良い海外FX業者です。

もしZero口座を使ってトレードする時はキャッシュバックサイトを利用すると便利です。

関連:XMのキャッシュバック – キャッシュバック口座とボーナス口座

 

XMの手数料まとめ

XMの手数料について紹介して来ました。

XMではZero口座が取引手数料10ドルかかり、スプレッドに加えてコストがかかります。

XMのZero口座はスプレッドは非常に狭いですが取引手数料が高いので、トータル的に高くなってしまいます。

上で紹介したキャッシュバックサイトを上手く使うことで手数料を抑えることができるので、ぜひやってみましょう。

XMは追加口座で8口座まで持てるので、追加口座できる余地は十分にあると思います。

XMの登録はコチラ

 
【XM・キャッシュバック関連記事】