XMの1ロットとは? 通貨単位と取引ロット数

xm 1ロット

「XMの1ロットって何通貨?」

「国内FXと通貨単位が違うの?」

「最低取引ロット数を知りたい」

こういったXMの1ロットについて分からない人向けに、1ロットの通貨数や最低取引ロット数、最大取引ロット数などを紹介して行きます。

国内FXとXMは1ロットの基準が違うので、分かりやすく解説して行きたいと思います。

XMの登録はコチラ

 

XMの1ロットとは? 1ロットの通貨単位

マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
1ロット1000通貨10万通貨10万通貨

海外FXのロットとは「取引を行う時の取引単位」のことで、取引単位が大きいので、ある程度まとまった数量を1単位(= 1ロット)としてとらえて、通貨単位をざっくりと把握できるようにする仕組みです。

スタンダード口座とZero口座の1ロットの通貨量は同じで、1ロット10万通貨です。

1ドルが100円だとすると、1ロットを買うには1000万円必要です(レバレッジをかければ1万円ちょっとで済みます)。

そのため、スタンダード口座とZero口座における1ロットは大きな額になります。

スタンダード口座やZero口座を利用する場合は、損失が大きくなる可能性もあるので、厳格な損切りのルールを定め、それを厳守するなど、取引には十分注意して利用しましょう。

マイクロ口座の1ロットの通貨量は1000通貨で、スタンダード口座とZero口座に比べると、かなり取引通貨量の少ない口座になっています。

1ドルが100円だとすると、1ロットを買うには10万円必要になります。

レバレッジをかければ、必要資金額はもっと少なくて済みます。そのため、初心者やリスクを抑えたい人に向いています。

 

海外FXの1ロットと国内FXの1ロットの違い

国内FXXM(海外FX)
1ロット1万通貨10万通貨

XM(海外FX業者)と国内FX業者では1ロットの通貨量が違います。

海外FX業者を利用してトレードするとき、例えば、1ドルが1円上がると、1ロットで10万円の利益になります。

また、国内FX業者を利用してFXをするとき、例えば、1ドルが1円上がると、1ロットで1万円の利益になります。

国内FX業者に慣れている人は1ロットの取引通貨量を勘違いして、大損をしてしまうことです。

1ロットは1万通貨という勘違いを起こしてしまい、10倍の取引量を発注することになります。その状況でレートが不利な方向へ傾くと、損失が思った以上に大きくなります。

トレードに慣れている人でも、不注意でそのようなミスをしてしまい、資産をかなり失ってしまうことは起こり得ます。

そのような致命的なミスを犯さないように、国内FXと海外FXの1ロットの通貨量の違いを意識するようにしましょう。

 

XMの最大ロットと最小ロット

マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
最大ロット100ロット(10万通貨)50ロット(500万通貨)50ロット(500万通貨)
最小ロット0.01ロット(10通貨)※10.01ロット(1000通貨)0.01ロット(1000通貨)

※1.MT5の場合は最小ロット0.1ロット(100通貨)

XMの最大ロットと最小ロットは、口座の種類によって異なり、口座の種類別の最大ロットと最小ロットは、以下の通りです。

  • マイクロ口座では、MT4の場合は10通貨~10万通貨、MT5の場合は100通貨~10万通貨
  • スタンダード口座では、1000通貨~500万通貨
  • Zero口座では、1000通貨~500万通貨

マイクロ口座の最大ロットは10万通貨で、スタンダード口座の1ロット(10万通貨)までです。

もしロット数で物足りなくなってきたら、追加口座でスタンダード口座を作ると良いでしょう。

 

XMの1ロットにはいくら必要? 1ロットに必要な証拠金を計算

XMの1ロットに対する必要証拠金の金額と、証拠金の計算方法について、口座の種類別に紹介していきます。

マイクロ口座、スタンダード口座レバレッジ888倍、ゼロ口座レバレッジ500倍で計算しています。

ドル円110円マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
1ロットに必要な証拠金123円12,387円22,000円
0.01ロットに必要な証拠金1.2円123円220円

XMの1ロットの計算式は以下のようになります。

【マイクロ口座】
110円(ドル円) × 1000通貨 ÷ 888倍(レバレッジ) = 123円(必要証拠金)
【スタンダード口座】
110円(ドル円) × 10万通貨 ÷ 888倍(レバレッジ) = 12,387円(必要証拠金)
【ゼロ口座】
110円(ドル円) × 10万通貨 ÷ 500倍(レバレッジ) = 22,000円(必要証拠金)

トレードスタイルにもよりますが、安全にトレードするためには証拠金維持率が300%~500%ほど必要と言われています。

値下がりも考え、以下の金額くらいは用意しておくと無難です。

  • マイクロ口座の1ロットの場合:370円~600円
  • スタンダード口座の1ロットの場合:3万7000円~6万円
  • Zero口座の1ロットの場合:6万6000円~11万円

 

[XMの1ロット] 証拠金ごとのロット数の目安

「〇〇円あるんだけど、何ロット取引して良いの?」

このような疑問を持つ人もいるでしょう。

ここでは証拠金維持率300%と500%を例にとって、金額別の証拠金目安を紹介します。

証拠金維持率300%の場合

証拠金300%マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
1000円2.7ロット(2700通貨)0.02ロット(2000通貨)0.01ロット(1000通貨)
1万円27ロット(2万7千通貨)0.27ロット(2万7千通貨))0.15ロット(1万5千通貨)
3万円80ロット(8万通貨)0.8ロット(8万通貨)0.45ロット(4万5千通貨)
5万円100ロット(上限)1.34ロット(13万4千通貨)0.75ロット(7万5千通貨)

「手元の資金でできるだけ大きくトレードしたい」という人でも証拠金の3倍(証拠金維持率300%)は口座に振り込むようにしましょう。

1000円程度であれば、マイクロ口座の方がおすすめですが、1万円を超えてくるとスタンダード口座やゼロ口座でトレードするのをおすすめします。

5万円ほどあれば、それなりにトレードを楽しむことができるでしょう。

 
証拠金維持率500%の場合

証拠金500%マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
1000円1.6ロット(1600通貨)0.01ロット(1000通貨)※まだ買えない
1万円16ロット(1万6千通貨)0.16ロット(1万6千通貨))0.09ロット(9000通貨)
3万円48ロット(4万8千通貨)0.48ロット(4万8千通貨)0.27ロット(2万7千通貨)
5万円80ロット(8万通貨)0.8ロット(8万通貨)0.45ロット(4万5千通貨)

「ロスカットを避けたい」という人は、少し余裕を見て証拠金維持率500%にすると良いでしょう。

証拠金維持率300%と比べると約1.7倍の資金が必要になるため、トレードできるロット数は減ってしまいます。

ただ、ギリギリでトレードすると、ロスカットを喰らって一気に資金を減らしてしまうため、500%くらい持っておくのがおすすめです。

 

XMの1ロットまとめ

今回、XMの口座種類別の1ロットの通貨単位、最大ロットと最小ロットについて紹介して来ました。

XMだけでなく他の海外FX業者も1ロット10万通貨なので覚えておきましょう。

(最小ロットも基本的に0.01ロットが多いです)

1ロットの必要証拠金や証拠金の計算方法についても紹介しましたが、あまりギリギリの金額ではなく、3倍~5倍程度の証拠金は用意しておきましょう。

XMの登録はコチラ

 
【XM関連記事】