XMの自動売買とは? XMの自動売買で取引してみる

xm 自動売買

「XMの自動売買って何?」

「自動売買EAをどこでどうやって手に入れるの?」

「自動売買の設定方法を教えてほしい」

XMの自動売買について興味のある人向けに、XMの自動売買のメリットやデメリット、購入の仕方や設定方法について紹介して行きます。

勝てる自動売買EAを見つけて自動で稼いで行きましょう。

XMは条件を満たせば無料VPSを使うことも可能なので、簡単に無料VPSの条件も解説します。

XMの登録はコチラ

 

XMの自動売買とは?

通常の裁量トレードの場合は「自分でロングやショートの注文を入れて」ポジションを持ちますが、自動売買はEA(エキスパートアドバイザー)というソフトを使って自動で注文や決済を行います。

自動で売買してくれるので、人間の感情に左右されることなく、決められたルールに従ってトレードをしてくれます。

自動売買はシステムが勝手に売買してくれるので非常に楽ですが、EA選びを間違えると損失を広げてしまいます。

では自動売買のメリットとデメリットを見て行きましょう。

 

XM自動売買のメリット

自動売買は裁量トレードとは違った特徴があります。

設定する手間はありますが、それを上回るメリットを紹介します。

  • PC画面に張り付かなくてもトレードができる
  • 人間の感情に左右されることがなく、トレードに集中する必要がない
  • テクニカル分析などのトレードに必要な勉強が不要になる

XMのFXはメインのトレード時間が夜だと思いますが、兼業の人だと仕事が終わって家に帰ってからパソコン画面を見ることになります。

冬時間だと1時間遅くなるので、夜中12時を過ぎるまでトレードすることも多いでしょう。

疲れた状態で、さらにXM FXのために意識を集中させるのはかなり疲れる仕事です。

XMの自動売買はこのようなことが必要なく、EAをONにしておくだけで勝手に24時間トレードしてくれます。

トレードをしていると感情が高ぶり、間違った判断をすることもありますが、自動売買は決められたルールに従って売買するので、間違うこともありません。

実際に私もEAを使っていますが、勝手にトレードしてくれるのでとても楽です。

 

XM自動売買のデメリット

XMの自動売買にはメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

  • プログラムなので不測の事態には弱い
  • 大きな利益を狙いにくい
  • 自動売買のプログラム(EA)は、場合によっては有料

自動売買EAはプログラムなので、ファンダメンタルズ要因には弱いです。

特に指標発表時や大統領選挙など、価格が大きく動く場面ではEAを一時的にストップさせた方が良いでしょう。

また、決められたルールで決済してしまうため、損失も小さいですが利益も小さくなります。

「もうちょっと伸びそうなのに・・・」という時でも決済されてしまい、利益を伸ばすことには弱いです。

また、EAは無料もありますが有料EAが多いです。

有料だからと言って必ず勝てる訳ではないので、買った後で「利益を出せずに終わるEA」も出てくるでしょう。

EAを選ぶ時にバックテストの情報も載っていますが、あくまで過去データになるので、有料EAを買う時は「失敗する覚悟」は必要になります。

 

XMのMT4に自動売買を設定する方法

実際に自動売買を設定して行きましょう。

今回は無料でEAが配布されいているMT4 EAの無料配布サイトを使って行きます。

EAで有名なGogoJungleは、現在はXMに非対応のようで、購入してインストールしましたがXMのMT4では動きませんでした。

XMに対応しているEAだとMQL5のEA(英語)は動くのを確認しています。

ただ、英語なので分かりにくいので、今回は無料配布サイトの自動売買で設定して行きます。

 
MT4 EAの無料配布サイト

今回は人気No.1の「RSIlogic4」をダウンロードして行きます。

 

今回XMを使うので、XMを選択します。

 

この無料配布サイトでは「XMに追加口座することが条件」で無料配布してくれるようです。

XMで追加口座して名前、メールアドレス、追加したXMのIDを入力します。

 

しばらくすると無料配布サイトから設定完了のメールが来ました。

ここからEAをダウンロードしてMT4に設定して行きましょう。

 

メールのリンクをクリックして無料配布サイトにログインします。

 

EAが一覧で表示されていますが、今回は人気No.1の「RSIlogic4」をダウンロードします。

 

ダウンロードしたらMT4を開いて「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

 

自分のパソコンのMT4フォルダが自動的に開くので「MQL4」を選択します。

 

「Experts」をクリックします。

 

Expertsのフォルダ内に、先ほどダウンロードした「RSIlogic4(id●●●●●●).ex4」のファイルを入れます。

(フォルダは入れずに中の.ex4と書いてあるファイルだけ入れます)

 

MT4を再起動させると「ナビゲーター」のエキスパートアドバイザにEAが入っているのが確認できます。

 

自動売買の簡単な設定を行ないます。

MT4の「ツール」→「オプション」を選択します。

 

オプション内の「エキスパートアドバイザ」を選択し「自動売買を許可する」にチェックを入れます。

他の箇所はチェックを外します。

 

EAの指定した通貨ペアになっていることを確認してから、MT4にインポートしたEAをドラッグ&ドロップします。

 

EAの自動売買についての設定画面になるので、自動売買を許可してOKをクリックします。

 

チャートの右上にEAの名前が付いていれば稼働している合図になります。

これでEAの設定は完了です。

 

ちなみにMT4上のツールバーに「自動売買」と表示されていますが、緑色の場合は稼働中です。

 

赤色の場合は停止中となります。

指標発表時などのファンダメンタルズ要因の大きな時はEAをストップさせておいた方が良いでしょう。

 

XMの自動売買におすすめのVPS無料サービス

XMの自動売買を自分のパソコンで使っていると24時間付けっぱなしにしなければならず、電気代だでなくパソコンも著しく消耗して行きます。

自動売買をするならVPSを契約するのが良いですが、XMにはVPSが条件付きで無料契約することが可能です。

VPSは通常のパソコン環境よりも良い速度で取引することが出来るため、自動売買する人にはおすすめしたい環境です。

XMでVPSが無料になる条件

  • 5000ドル(約55万円)を口座に残した状態で1ヶ月に5ロット(50万通貨)以上の取引
  • 口座単位では無くユーザー単位のため、全部の口座合計で条件を満たせばOK
  • 条件を満たせない場合は毎月28ドル(約3,000円)の使用料がかかる

50万円の資金が必要になるので、手持ち資金が少ない人は難しいですが、1ヶ月5ロット以上の取引の条件は簡単にクリアできると思います。

もし条件に満たない場合でも毎月28ドルの使用料で借りることも可能です。

 
XMの無料VPSの仕様

BeeksFX(ブロンズ)仕様
メモリ1,300MB
CPU1V
ディスク25GB
通常の月会費4,750円

XMのVPSはBeeksFX社のブロンズコースを使うことが出来ます。

仕様の変更は無いので、それ以上のスペックであれば、自分でお金を出して申し込む必要があります。

BeeksFXのVPSサーバー

BeeksFXのVPSサーバーはMT4を1つ動かし、EAを稼動させるくらいであれば、十分なスペックです。

自動売買でXMをおすすめする理由は、VPSが無料で使えることだけではありません。

XMのVPSは、数多くあるVPSの中でも特に約定力が優れていることです。

これは「Beeks社」のサーバーを使っているためで、同社はXMのデータセンターから近いため、高速で約定が通るのです。

ちなみに、XM以外のVPSでは、以下が選択肢があります。

  • Vultr(海外サーバー)
  • お名前.com VPS(国内サーバー)

どうしても国内がいいという方は、お名前.com VPSを利用し、それ以外の方は、Vultrを使うのが基本的におすすめです。

どちらも月額3000円ほど(Vultrも26ドル=約3000円~)となります。約定力や、世界的な信用力からいえば、Vultrを使うのが良いと思います。

 

XMの自動売買まとめ

XMの自動売買について紹介して来ました。

XMは条件を満たすとVPSが使えるのでおすすめです。

EAの設定は慣れれず簡単にできるので、画像を見ながら設定して行きましょう。

XMに使えるEAを手に入れる方法がMT4 EAの無料配布サイトMQL5のEA(英語)など少なく、GogoJungleのEAやXMに適用していません。

自動売買のトレードは設定さえ終われば非常に簡単なので、ぜひEAを使ってトレードしてみましょう。

XMの登録はコチラ

 
【XM関連記事】