XMの両建ては禁止? 両建てのメリットとトレード手法

xm 両建て

「XMは両建て禁止ではないの?」

「両建てのメリットを教えて」

「両建てを使ったトレード手法を知りたい」

このようなXMの両建てについて知りたい人向けに、XMの両建ては禁止されているのか? 両建てのメリットやトレード手法を紹介して行きます。

XMでは両建ては「同一口座内のみ」認められていて、別口座や他の業者を使った両建ては禁止されています。

このページでは両建てを有効利用する方法について紹介して行きます。

同一口座の両建複数口座の両建異業者間の両建
問題なし禁止禁止
このページで分かること
  • 両建てのトレード手法が分かる
  • XMで禁止されている両建てが分かる
  • 両建てがばれる仕組みが分かる

XMの登録はコチラ

 

\独自ボーナス&EAプレゼント/

XMの両建てとは?

XMの両建てとは「同じ通貨ペアの買い注文と売り注文を同時に入れること」を言います。

「買いと売りの両ポジションを同時に入れると意味ないのでは?」と考える人も多いと思いますが、両建てにはトレード手法としてのメリットもあります。

ちなみにXMの場合は両建てを入れると「証拠金は0円」となります。

他の海外FX業者の場合は「片側のポジション分の証拠金が必要」になる場合もあります。

 

XM 両建てのメリットとトレード手法

XMで両建てをするトレード手法を3つ紹介します。

同一口座内での両建ては少しレベルの高いトレード手法ですが、トレードを有利にすることができメリットがあります。

ロスカット防止の両建て

トレードで損失が出て「ロスカットされそう」なタイミングで使う両建てです。

もし「ロスカットされたくない!」という時は逆ポジションを入れることによって、それ以上の損失が出なくなるためロスカットされません。

もし反転に向かいそうなら逆ポジションを決済すれば良いですし、そのまま損失方向に向かいそうなら元のポジションを決済して逆ポジションを持つことも可能です。

 
レンジ相場やどちらに動くか分からない場合の両建て

レンジ相場や「どちらかに動くか分からないけど、大きく動くだろう」というタイミングには、エントリーの時に最初から両建てすることもあります。

レンジ相場なら上がった時に買いポジションを決済し、下がった時に売りポジションを決済すれば、両方で利益を出すことが可能です。

どちらに動く分からないタイミングでは、上がりそうな相場になったら売りを決済し、下がりそうな相場の場合は買いを決済して利益報告に伸ばせば良いです。

 
利益確定の両建て

「利益確定したいけど、もうちょっと伸びるかも」そんなタイミングで逆ポジションを入れることで利益確定することができます。

「もうちょっと伸びる!」と判断すれば売りポジションを決済して買いをキープすれば良いですし、「やっぱり反転し出した」という時は両方決済して利益確定に持って行くことができます。

両建てはこのような「トレード手法」としてのメリットがあります。

しかし、トレーダーによっては「ボーナスを使って上手く両建てで儲けれないか?」「ゼロカットを使って上手く儲けれないか?」と考える人がいます。

それに対してXMは次のような両建ては禁止にしています。

 

XMで両建て 注意事項と禁止事項

XMには両建てで禁止になっている行為があります。

XM側が明らかに損失を被る可能性のある行為には、口座が凍結されるなどペナルティーが課せられます。

凍結は一度されるとその口座を元に戻す事は不可能です。

資金を守るためにも、両建ての禁止事項は覚えておくと良いでしょう。

 

[XMの両建て] 別口座での両建て

取引項目によって使い分けができるXMの口座は8つ所有できますが、それを利用して、別々の口座で共通する通貨の両建てをしてはいけません。

比較的初級者がうっかりミスでやってしまう事が多いのがこの両建てです。

仮にドル円の買いがあり、さらに他の口座でドル円の売りを持っていると、悪意のある両建てと判定されます。

ボーナスを使った両建ても禁止行為となっています。

 

[XMの両建て] 別業者を使った両建て

XMの他にも海外FX業者の口座を保有している人が気を付けておきたいのは、別業者を使った両建てです。

XMと別業者を使って両建てをすることも禁止行為です。

「えっ?別業者だったら両建てがバレないんじゃないの?」と思われがちですが、バレる可能性は十分あります。

後ほど詳しく解説しますが、XMを含めて海外FX業者は過去の悪質なトレーダーの不正行為に対して対策は打ってあるので、バレると思っておいた方が良いでしょう。

 

[XMの両建て] 複数人やグループでの両建て

グループや家族など複数人が集まって両建てをする行為も禁止されています。

過去に海外でアービトラージ集団が逮捕される事件も発生しているので、やらないようにしましょう。

 

[XMの両建て] 特定の通貨をヘッジする両建て

同じ通貨ペアでなくても、その通貨ペアと似たような動きをする通貨ペアを使って両建てすることも禁じられています。

例えばドル円のヘッジとしてユーロドルの逆ポジションを入れたりすることです。

「どの通貨ペアがヘッジか?」までは決まっていませんが、XMがヘッジ通貨ペアと判断した時には規約違反となる可能性があります。

 

[XMの両建て] 指標発表の両建て

月曜日の窓開け・窓埋めの両建てや経済指標発表時、大統領選挙などのイベント時の両建ては禁止されています。

よく「指標発表時のハイレバトレード」をやっている人がいますが、XMでは指標発表時のハイレバトレードは「レバレッジ制限」などのペナルティーを受ける可能性があります。

同一口座であっても窓開け時や指標発表時の両建てトレードはペナルティーを受ける可能性があります。

 

XMの両建てがばれるトレード

XMを含めて海外FX業者の両建てがばれる理由は「ブリッジ業者」が同じ場合にばれることがあります。

通常、海外FX業者は直接LPと契約がある訳ではなく、注文を仲介する「ブリッジ業者」が存在し、ブリッジ業者がLPに注文を出しています。

このブリッジ業者が同じ場合、「A社の注文とB社の注文が逆ポジションでタイミングやロットが同じ」などのデータが残り、両建てがばれます。

XMは大手海外FX業者のため、ブリッジ業者は使わないプリンシパル(XM自身が大手のブローカー)のため、他の海外FX業者がXMをブリッジ業者として使っている可能性があります。

ブリッジ業者は取引プラットフォームや口座タイプごとに使い分けていることもありますが、両建てがばれる可能性は十分あります。

両建てがばれると口座凍結だけでは済まない可能性が十分あり、悪質性の高い禁止行為だと判断されるかもしれません。

別口座や別業者を使っての両建ては絶対やらないように、十分気を付けましょう。

 

XMの両建てまとめ

XMの両建てについて紹介して来ました。

XMの両建ては「同一口座内のみ」認められていて、別の口座間での両建てや、他の海外FX業者との両建ては禁止されています。

XMはプリンシパルなので、両建てがばれる可能性は高いと思われます。

禁止されている両建てはやらないように注意しましょう。

 
【XM・両建て関連記事】